【マンガ】仮想通貨Factom(FCT:ファクトム)とは?特徴・価格・チャート・取引所・今後の将来性について解説

ビットコインの技術をもとに作られたFactom(ファクトム:以下「Factom」と記載)は、ビットコイン2.0型のひとつです。Factomは、2015年の誕生以来、国や公共機関と提携することで市場規模を拡大してきました。この仮想通貨の高い技術は日本でも利用されているため期待値の高い通貨と言えるのではないでしょうか。

というわけで今回は、メジャーになりつつある期待の仮想通貨Factomの特徴と今後について解説したいと思います。


Factom(ファクトム)の概要

URL:https://www.factom.com/

通貨名 ファクトム(Factom)
通貨略号 FCT
公開日 2015年
時価総額 上のランクを参照
発行上限枚数 上限なし
取扱国内取引所 coincheck
取扱海外取引所 Bittrex、Poloniexなど
公式サイト https://www.factom.com/
日本語サイト http://www.factom.jp/
ホワイトペーパー https://www.factom.com/devs/docs/guide/factom-white-paper-1-0

Factom(ファクトム)の基本情報


URL:Coingecko.com

Factomの名前の由来

Factomの名前はFact(事実)が語源になっています。

Factom自体は通貨ではなくプラットフォームの名称で、それを利用するために必要なのがFactoid(FCT)という通貨です。

Factomの誕生

Factomは、2015年4月にサービスが開始されました。

他の仮想通貨の場合、公開前にICOを行うことが多いのですが、FactomはICOを行っていません。

ICOを行うかわりに、サービス開始当初の2015年4月から5月にかけてセールを行い、約 2,278 BTC(54万ドル)の資金を集めて、2015年10月に正式にリリースされています。リリース当初は420万枚のFactoid(FCT)を発行していましたが、現在870万FCTを発行しています。(2018年3月現在)

ビットコイン2.0

Factomはビットコイン2.0型と呼ばれる仮想通貨です。

ビットコイン2.0型とは、ビットコインのブロックチェーンの技術を様々な用途に活用しようというものです。Factomは、プラットフォーム上のデータを1つにまとめて、データをビットコインのブロックチェーン上に記録します。

Factomがブロックチェーンで記録するのは、データや書類のHASHのみであり、機密情報や個人情報が漏れることはありません。また、ブロックチェーンに記録するので、Factomの記録を変更できる権限を持つ人は存在しないという点も注目です。そのため、Factomではビットコインと同じセキュリティの高さを保つことができます。

最近では、Factomはビットコインだけでなくイーサリアムも利用するようになりました。Factomのブロックチェーンの中には、1ブロック100件の文書とメタデータの指紋が入っています。その後ハッシュされて、イーサリアムとビットコインに格納されます。

Factomプロジェクトチーム

非中央集権型のビットコインとは違い、Factomは中央集権型です。

Factomプロジェクトチームが中央に存在して、Factomの開発や運用、Factoid(FCT)の発行をしています。

Factomを使うことでコストが削減される

Factomを使う一番のメリットはコストが削減されることです。

世の中には、多くの文書や記録が存在しています。それをデータ化して記録し、保存、保管することは困難です。たとえば、契約書1つを作ることに対して、多くの記録と人件費がかかります。さらにそれを保管するとなると、セキュリティの問題でコストが高くなってしまいます。とくに、重要機密を扱う医療や証券、保険、貸付ではセキュリティを高くするためにコストの問題に直面します。

多くのコストをかけても、ハッキングやウィルス感染、人の手による改ざんが行われると一気に被害が拡大してしまいますよね。

そこでFactomのシステムが役に立ちます。Factomを使うことで、データは世界中のコンピューターに分散して安全に保管することができ、強固なセキュリティで守られることになる。多くの政府や企業が悩むコスト問題はFactomを使うことで解決できるということです。

ファクトム・ジャパン

Factomはテキサス州オースティンに本社があり、上海、北京、中国、ロンドンといった世界各国に支社があります。

日本に向けた活動では、ファクトム・ジャパンというチームがあります。ファクトム・ジャパンは、Factoid(FCT)の販売を行っていません。ファクトム・ジャパンの活動は、Factomの公式ページや、開発チームから送られる情報を日本語訳にして投資家に送るなどのマーケティング活動を行っています。

ファクトム・ジャパンとは

ファクトム・ジャパンは、日本におけるファクトムの普及を推進するチームです。ジャパンチームは、本家ファクトムによる承認をうけたオフィシャルな活動です。ファクトム・ジャパンは、以下のチームによって運営されております。

  • 大石 哲之
  • 宍戸 健
  • 志茂 博

引用ファクトム・ジャパン:http://www.factom.jp/

Factomの特徴


URL:https://www.factom.com/

マイニングが無い

多くの仮想通貨にはマイニングがあり、マイニングをすることで報酬を稼ぐことができます。

一方、Factomには、マイニングがありません。

マイニングが無いかわりに、データの記録や管理を正しく行うサーバーには、報酬としてFactoid(FCT)が与えられます。

Factomにはマイニングによるチェックがありませんが、サーバーが情報を常に管理しています。記録を不正に変える行為はすぐにサーバーによって発見され、ユーザーの投票で不正を行うサーバーは排除される仕組みになっています。

Factomの利用には「Factoid」が必要

Factomの利用には、Factoid(FCT)が必要です。

しかし、Factoid(FCT)そのものでは利用料金を支払うことができません。Factoid(FCT)から、Entry Credit(エントリークレジット)に変換して利用料金を支払います。ちなみに、Factoid(FCT)からEntry Credit(エントリークレジット)に交換はできますが、逆に、Entry Credit(エントリークレジット)からFactoid(FCT)に交換することはできません。他の仮想通貨に交換することも不可能です。

Entry Credit(エントリークレジット)は、Factomのサービスを使う利用料金を支払うためだけに存在しています。

Factoid(FCT)とEntry Credit (エントリークレジット)への交換は、Factoid chainというチェーン上で行われます。Factoid chainに「必要なFactoid(FCT)」と「Entry Credit(エントリークレジット)を受け取る人の公開キー」を指定することで、Factoid(FCT)がEntry Credit(エントリークレジット)に交換することができます。

他にも、Entry Credit (エントリークレジット)の入手方法があります。

Factoidを保有している管理サーバーから入手する方法です。サーバーにクレジットカードなどで支払いをすると、Entry Credit (エントリークレジット)を手に入れることができます。

なぜEntry Credits(エントリークレジット)に交換する?

Factomを利用するために必要なEntry Credits(エントリークレジット)ですが、なぜFactoid(FCT)から交換する必要があるのでしょうか。

交換する理由の1つは、ハッキング対策です。

Entry Credits(エントリークレジット)は、Factomの中でしか使用することはできません。利用に限りがあるため、ハッキングされにくいのです。

もう1つの理由は、価格の安定化です。

Factomは仮想通貨のため、投機で価格が乱高下することがあります。価格が急騰してしまうと、Factomのプラットフォームを安定して使うことができません。Entry Credits(エントリークレジット)に交換することによって、一定の価格でFactomのサービスを使うことができるというメリットがあります。

Factomの仕組み

Factomは、Factomのサーバーと、「エントリーブロック」、「ディレクトリーブロック」、「ビットコインブロックチェーン」ので構成されています。

利用者は料金を支払って、Factomのサーバーに情報を送ります。Factomのサーバーで情報は暗号化されたデータになり、エントリーブロックに入ります。次に、データは「ディレクトリーブロック」でカテゴリーごとに分類されてまとめられます。

「ディレクトリーブロック」でまとめられたデータは、さらに暗号化されビットコインのブロックチェーン上に記録されます。ビットコインのブロック生成時間は約10分なので、データは10分ごとに記録されていきます。Factomを使わず、直接ビットコインを使えばよいのではないかと考えがちですが、ブロックチェーンに直接データを書き込むと、一つの記録の承認に10分の時間がかかり、手数料も多くかかるため現実的ではありません。

Factomでは、まとめて一つのデータとしてビットコインのブロックチェーンに書き込むので、時間とコストを削減することができるというわけですね。

Factom Harmonyとは?

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)とは、Factomのシステムを利用した、アメリカの住宅ローン市場向けに設計された機能です。Factom Harmony(ファクトムハーモニー)では、アメリカで約1兆5千億ドにもなる住宅ローン市場をFactomを使ってパッケージ化しようという取組です。

住宅ローンには、膨大な数のデータが必要になります。アメリカでは1件の住宅ローンに対して、1000枚以上の資料が必要と言われています。この膨大な数の資料を確認し、チェックするだけでも多額のコストがかかりますよね。

また、住宅ローンでは、銀行だけでなく不動産会社なども関わってきます。第三者が入ることで、不正が行われないか確認する必要もあります。そのためアメリカの大手銀行は、住宅ローンのデータの扱いにはその都度苦労してきたという背景があります。

そこに注目したのが、Factom Harmony(ファクトムハーモニー)です。

Factom Harmony(ファクトムハーモニー)を利用することで、大幅なコストを削減することができます。Factomのブロックチェーンを利用することで、改ざんをすることが不可能になり、永久に保管するというメリットを得られることに。コスト削減と、安全性の両方を兼ね備えているのがFactom Harmony(ファクトムハーモニー)です。

そのためFactom Harmonyの住宅ローン市場の浸透が価格上昇の鍵を握ると予想することが出来ますね。

dLocとは?

dLocとは、医療記録や権利書などの記録を認証するためのステッカーのようなものです。

dLocのデジタルステッカーを記録に付けることで、SMART COSMOSというプラットフォーム上で管理、追跡することができます。dLockのデジタルステッカーには、SMARTRAC Bullseye NFCというオリジナルのチップが埋め込まれています。画像や書類のデータがSMARTRAC Bullseye NFCに記録され、公開することも、秘密キーで管理することもできます。

dLockは、アメリカの金融データ企業であるIntrinioとの提携や、土地権利でホンジュラス政府との提携も行っています。

今後は金融や土地だけでなく、医療、選挙、法システムでの利用拡大が期待されるシステムです。

Factomのデメリット

Factomのメリットを説明してきましたが、デメリットもあります。

1.中央集権型である

Factomは、Factomプロジェクトチームが開発、運用を担っている中央集権型の仮想通貨です。非中央集権型とは違い、中央集権が撤退した場合、Factom自体がなくなる可能性がありあます。

2.発行枚数に上限がない

Factoid(FCT)には発行上限枚数がありません。年々発行枚数は増えています。発行上限枚数がないということは、インフレ状態になる可能性があります。最悪の場合、インフレ率を抑えるために、中央集権が関わってくることも考えられます。

3.ブロックチェーンに依存している

Factomのシステムは、ビットコインのブロックチェーンを利用しています。

もし、ビットコインのブロックチェーンに問題があった場合には、Factomのシステムも使えなくなってしまいます。現在、ビットコインだけでなくイーサリアムも利用していますが、ブロックチェーンへの依存は懸念材料です。

4.開発スピードが遅い

Factomは、新しい技術をアップデートしていますが、開発スピードが他の仮想通貨に比べて遅いと言われています。

NEM(ネム)は公式ツイッターで、Factomのシステムを自分達も作り出していると発言しています。

実際、NEMのApostileはブロックチェーンに直接書き込みができるので、Factomよりも安全性が高いと言われています。このままの開発スピードでは、Factomは、他の通貨に先を越されてしまう可能性があります。

もう1つ開発が遅れているのが公式ウォレットです。


URL:https://docs.factom.com/#introduction

Factomの公式ウォレット:https://docs.factom.com/#introduction

こちらは、すでに存在していますが、設定がとても面倒です。日本語にも対応しておらず、公式ウォレットを使う人はほとんどいません。

Factomの価格


URL:https://coinmarketcap.com/

Factomは、時価総額230億円で仮想通貨ランキング62位です。(2018年3月現在)ずっと20位~30位をキープしてきましたが、他の仮想通貨の価値が高まっているため、最近ではランキングでも下の順位になっています。

Factomのチャート


URL:https://coinmarketcap.com/currencies/factom/

Factomは、公開当初2015年は1FCT=10円前後で推移していました。

2016年から値上がりし、1FCT=100円になります。2017年に入ると、仮想通貨全般が注目されたこともあり、値上がりが続き、2017年6月には1FCT=3,000円にまで伸びます。この6月の急騰には理由があります。

ビル&メリンダ・ゲイツ財団と住宅ローンの管理計画をスタートさせたというニュースが流れました。このニュースによって、一気に価格が上昇します。しかし、公式発表ではないニュースであることから、フェイクニュースだと判断され、その後は価格が下落していきます。

そしてその後2018年に入り、ビットフライヤーがFactomの取り扱いをはじめるのではないかという噂が立ちました。


URL:https://bitflyer.jp/ja/

ビットフライヤーの加納社長が、Factomのツイッターをフォローしたことや、新しいライトコインを取り扱うという情報が流れ、Factomの取り扱いがはじまるのではないかと期待が高まり価格が上昇します。

https://twitter.com/Not7575/status/947851838425935873

この噂で、一時1FCT=8,000円を超えるほど急騰します。しかし、この噂はビットフライヤーの加納社長に即座に否定されたことにより、再度価格が下落しています。

Factomが買える取引所

国内取引所

coincheck(コインチェック)

日本でFactomの取り扱いをしているのは、コインチェックのみですが、2018年1月のNEM流出問題によって、現在利用することができません。

海外取引所

Bittrex(ビットトレックス)

Bittrexはアメリカのラスベガスに本社を置く、仮想通貨取引所です。

取り扱う仮想通貨の数は、250種類以上でマイナーな仮想通貨の取引ができます。Poloenixと並んで、取引高が多く世界の2大取引所と呼ばれています。手数料が高いですが、サポートが充実しているので安心して使いたいという人におすすめです。

Poloenix(ポロニエックス)

Poloenixは2014年に設立されたアメリカの仮想通貨取引所です。

扱う仮想通貨は60種類以上ですが、取引高が世界一の仮想通貨取引所です。他の海外取引所と同じく日本円で取引はできませんが、手数料が安いので、お得に取引をすることができます。

Factomの今後

Factomの今後はどうなるのか予想を解説していきます。

政府、大手企業との提携

Factomは、すでにホンジュラス政府や、国土安全保障省、ビルゲイツ財団といった政府や公共機関との提携をしています。

大手企業とも提携をしており、中国のコンサルティング企業「iSoftStone」との提携もしています。政府や大手企業との提携は、安定した財源を確保することができるので、今後もさらに提携が進めば、Factomの価値が高まっていくことが期待できます。

日本での展開

Factomは、日本の企業とも提携を進めています。

2017年6月にはカウラ株式会社、株式会社アトリスとの提携を発表しました。与沢翼氏もFactomに一時期投資をしていた時期がありました。

現在、与沢翼氏はFactomを手放しRippleを購入したと発言していますが、手堅い通貨として日本でも確実に認知が広まりつつあります。

世界の取引所で取扱い

Factomは、現在アメリカで人気の仮想通貨です。

取引所を見ても、アメリカの取引所がほとんどです。


引用:coingecko.com

日本のビットフライヤーが取扱いをするかもという噂が立った時には、大幅に値を上げました。世界中で注目されているFactomは、世界各国で取扱いされれば、急騰することが予測されます。

まとめ

Factomは、ビットコインの技術を元にした仮想通貨です。

その技術力は高く評価され、数々の企業や政府機関との提携を進めています。新しい技術であるFactom Harmony(ファクトムハーモニー)や、dLocは世界各国の様々な現場に応用することができます。さらに技術力を高め、提携が進んでいけばFactomの価値は高まっていきます。

懸念点はいくつかあるものの、導入が上手く行けば時価総額はまた盛り返すはず。アメリカのみならず、世界中にFactomが広がる日は近づいてきています。今後のFactomの動向には注目をしておきたいですね。

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。