ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法と評判・口座開設手順

ビットフライヤー

国内の仮想通貨取引所の中でもメディアで話題となる事が多く、広く知られているビットフライヤー(bitFlyer)最近ではテレビでCMも見るようになりました。

一体どんな会社なのか?評判はどうなのか?気になりますよね。この記事では、これから仮想通貨を始めたいと思っている初心者さんにも分かりやすいよう、アカウント登録や口座開設の手順なども画像付きで詳しく解説します。

ビットフライヤーはどんな会社?

ビットフライヤー(bitFlyer)は、国内初のビットコイン取引所として2014年4月からサービスを開始した会社です。

三菱UFJキャピタルやリクルートなど多くの大企業から出資を受けているため、国内の仮想通貨取引所の中では最も資金力があると信頼が寄せられています。

会社名:株式会社bitFlyer
設立:2014年1月9 日
事業内容:ビットコインの販売・買取
資本金:41億238万円(資本準備金含)
代表取締役:加納裕三
本社所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル 8階

引用:会社概要|bitFlyer

2017年4月には、ビットフライヤーの決済システムがビックカメラに導入され世間の注目を集めました。

また、2017年秋には仮想通貨取引事業をアメリカで展開すると発表されていて、初の海外進出に大きな期待と注目が集まっています。ビットフライヤー取引所はすでにアメリカの34州で貨取引所運営の許可を取得しているので、今後は取り扱い通貨が増えていくと思われます。

国内最大のビットコイン・ブロックチェーン企業である株式会社 bitFlyer(本社:東京都港区、代表取締役:加納 裕三、以下「当社」)は、子会社であるbitFlyer USA,Inc. (以下「bitFlyer USA」)をもって、今秋米国にて仮想通貨取引所事業を開始いたします。

引用:bitFlyer 米国展開についてのお知らせ

取り扱いのある仮想通貨は5種類

2017年9月現在、ビットフライヤーで取り扱いのある仮想通貨は以下の5種類です。

  1. ビットコイン(Bitcoin):BTC
  2. イーサリアム(Ethereum):ETH
  3. イーサリアム クラシック(Ethereum Classic):ETC
  4. ライトコイン(Litecoin):LTC
  5. ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash):BCH

他の取引所と比べると取り扱い数は少ないですが、世界中で多く取り引きされていて人気のある通貨ばかりを取り揃えています。

また、日本の取引所におけるビットコインの取引量は最大と言われています。

ビットフライヤーの登録方法

ビットフライヤーへの登録はメールアドレスの他、facebookアカウント、Yahoo! ID、Googleアカウントでも行えます。ここでは、メールアドレスを使った登録方法を解説していきます。

まず、ビットフライヤーのホームページにアクセスします。

アカウントを作成する

メールアドレスを入力しアカウント作成をクリックします。

すぐにキーワードの入力画面に移動しますが画面は閉じずに登録したメールアドレスの受信箱を確認します。届いたメール内のリンクがクリック可能であればクリックを、出来なければメールに記載されているキーワードをコピーします。

キーワード入力画面からコピーしたキーワードを入力し「アカウント作成」をクリック。

全ての項目にチェックを入れ「bitFlyerをはじめる」をクリック。これでビットフライヤーへの登録は完了です。完了した時点で「本人登録」を促す画面に移動しますが、個人情報を入力する前にパスワードの変更を済ませておきましょう。

未成年者のアカウント作成には「保護者の承諾書」と「保護者の顔写真付き本人確認資料」の2点が必要です。こちらは郵送での提出となり受領確認を終えるまでアカウントの利用はできません。承諾書は下記URLよりダウンロードできます。

URL:https://bitflyer.jp/ja/faq/1-17

パスワードを変更する

先ほど送られてきたメールの中にパスワード変更設定画面へのリンクがあるのでクリックします。

クリック出来ない場合は、管理画面の左サイドメニューから「設定」を選択してパスワード変更の設定画面へ移動します。

メールに記載されていた初回パスワードと、新たに設定したパスワードを2ヶ所に入力して「パスワード変更」をクリック。新しいパスワードの記入欄の下に「パスワードを変更しました。」と出ていれば変更は完了しています。

パスワードは9文字以上100文字以内で、他社サービスでは使用していないものが推奨されています。新たなパスワードは忘れないようメモして大切に保管しておきましょう。

ビットフライヤーの口座開設手順

本人情報を登録する

ビットフライヤーのホームページにアクセスし、登録したメールアドレスと新しく設定したパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

ホーム画面の右下にアカウント情報が表示されています。この段階ではアカウントがウォレットクラスになっているので本人確認の手続きをしてトレードクラスに変更していきます。まず、ご本人情報のご登録から「未入力」をクリック。

ビットフライヤーの口座アカウントには、本人確認無しでも開設が可能な「ウォレットクラス」と、本人確認の手続きを済ませた「トレードクラス」があります。
仮想通貨の購入や売却には「トレードクラス」のアカウントが必要です。

電話番号は固定電話か携帯電話のどちらか1つを記入すればOKです。必要事項を全て記入し終えたら「登録情報を確認する」をクリックします。

確認ページに移動するので入力間違いがないかを確認し「ご本人情報を登録する」をクリック。

本人確認資料を提出する

続けて本人確認資料を提出するかホームに戻る画面が表示されるので「続けてご本人確認を提出する」をクリックします。ホーム画面のアカウント情報からも同じ項目が選択できます。

提出する書類の種類を選択してから必要な画像をアップロードし、「ご本人確認資料を提出する」をクリックすれば完了です。

個人で本人確認資料として使用できるもの

・【運転免許証】表面と裏面
・【運転経歴証明書】表面と裏面 ※平成24年4月1日以降に交付されたもの
・【パスポート(日本国が発行する旅券)】顔写真のページと住所のページ
・【個人番号カード】表面のみ ※マイナンバー通知カードは不可
・【住民基本台帳カード】表面と裏面 ※顔写真付きのもの
・【各種健康保険証・共済組合会員証】※カード型健康保険証は表面と裏面
・【各種健康保険証】※紙型健康保険証は現住所と自分の名前が記載されたページ
・【各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等平成)】※平成9年以降発行の年金手帳は不可
・【各種福祉手帳】全面
・【印鑑登録証明書】※発行日から6ヶ月以内のもの
・【住民票の写し】※発行日から6ヶ月以内のもので発行された全ページ
・【在留カード】表面と裏面
・【特別永住者証明書】表面と裏面

取引目的等を確認する

続けて取引目的等を確認するかホームに戻る画面が表示されるので「続けて、取引目的等を確認する」をクリックします。こちらもホーム画面のアカウント情報からも選択可能です。

「海外の需要な公人、親族ではありません」にチェックを入れ職業と取引目的を選択して「入力する」をクリック。

銀行口座情報を登録する

次に銀行口座情報を登録します。そのまま続けて行うかホーム画面のアカウント情報「銀行口座情報確認」より登録できます。

口座登録には必ず本人名義の口座が必要です。入力画面に移動したら主要銀行、支店名、口座種別を選択し口座番号と名義を入力して「登録情報を確認する」をクリック。

入力内容に間違いがないかを確認し「銀行口座情報を登録する」をクリック。

口座開設の手続きはこれで終了ですが、ビットフライヤーから送られてくる簡易郵便の受け取りをもって確認が完了します。簡易郵便は連絡が来てから30日以内に受け取ってください。

申請状況の確認はホーム画面のアカウント情報から確認できます。本人確認を行ったのでアカウントクラスが「トレードクラス」に変更されました。

二段階認証の設定をする

口座を開設したら不正ログインによる被害にあわないよう二段階認証は必ず行っておきましょう。

二段階認証を設定するとログイン時にIDとパスワードの他、確認コ―ド(セキュリティーコード)での確認が必要となるため第三者による不正ログインが防げます。

まず、ホーム画面のアカウント情報から「二段階認証」を選択してクリックします。

セキュリティ設定画面に移動します。Eコマース設定とログイン時のメール通知はもともと有効になっているので、赤枠の設定されていませんとなっている部分を設定していきます。「二段階設定を変更する」をクリック。

二段階認証の設定画面に移動すると自動的に登録したメールアドレスに確認コードが送信されます。送られてきたコードをコピーして赤枠部分に入力し「次へ」をクリック。受信がうまくいかなかった場合は「確認コードを再送信する」をクリックして新しいコードを受け取ります。

初期設定では「メールで受取る」にチェックが入っているので確認コードの取得方法を選択します。

ビットフライヤーで用意されている確認コードの取得方法は、「認証アプリを使う」「携帯のSMSで受け取る」「メールで受け取る」の3つ。認証アプリ以外は受け取るだけなので、ここでは認証アプリを使用した取得方法を解説していきます。

まず、確認コードを生成する認証アプリをインストールします。使用可能なアプリは「Google Authenticator」「Authy」「Duo Mobile」と記載されているので、このうちのどれかをインストールしてください。ここでは設定が簡単な「Google Authenticator」を使用します。

画面下の「バーコードをスキャン」をタップしてカメラを起動し、ビットフライヤーの確認コード入力画面に表示されているQRコードをスキャンします。スキャンが完了すると6桁の確認コードが生成されます。

スマホを紛失した時に備えQRコードは写真を撮って保管しておきましょう。QRコードがあればスマホにトラブルが生じてもスムーズにビットフライヤーにログインできます。

確認コードを入力し「二段階認証を設定する」をクリック。これで二段階認証の設定は完了です。

ビットフライヤーの評判はどうなのか?

前述した通り、ビットフライヤーは資金力とビットコイン取引量が国内トップクラスで、数ある取引所の中でも高い評価を受けています。

ただし、何を目的として仮想通貨を購入するかによってその評価は分かれるところ。

安全を第一に考える方やビットコインのみを購入したい方には、ビットフライヤーは高く評価されている傾向があります。一方、ビットコイン以外の仮想通貨を購入したい方や短期の投資目的の方には、取り扱い通貨の少なさやアプリの使い勝手の悪さから不満の声も多いようです。

とは言え、これほど多くの大企業から出資が受けられる取引所ですから信頼性は抜群ですし、ユーザー数は今後ますます増えていくと予想されます。

まとめ

2017年秋から海外進出するという話題も手伝って、ビットフライヤーは今最も大きな注目を集めている取引所と言えます。ビットコインのみを購入するのであればメリットも多いです。

今後、アメリカで日本の取引所がどのように評価されるのか、どんな位置付けになっていくのかはまだ分かりませんが、より高い安全性を求めるユーザーに好まれ発展していく事が期待されています。

ビットフライヤー

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。