リップルが第一四半期レポートを発表!XRP売却高は183億円、Xrapidのパイロットを積極的に増やす方針

リップル社はこの度、第一四半期のレポートを発表しました。

今日は気になるリップル社の売り上げや今後の展開について、レポートをまとめながら検証して行きたいと思います。レポート上では、リップル社の業績は順調ですし、今後のリップル社のシステムの開発、採用も行われており、リップル社とXRP全体の未来は明るいと思われます。

それでは早速レポートの内容をチェックして見ましょう。

XRPの売却は183億円

「2018年の第一四半期では、166,000,000XRPを、市場で売却しました。また、プログラムを通じて1億5110万ドルのXRPも売却しました。これらの売買高は、市場での売買の0.095%です。今期のXRPの売買金額は1600億円。第一四半期では、より大きな売買高です。」

リップル社では、市場で直接XRPを売却するとともに、システムの中で使われたものも売却したとして、計上しています。

ロックアップ

リップル社がXRPを売却するためには「ロックアップ期間」を経過する必要があります。

ロックアップ期間とは、株や仮想通貨の大株主が市場で売却することを禁じている期間です。移動や売却が禁止されているXRPはエスクロー口座という口座に保管されています。リップル社の場合、1月と2月と3月に各月10億XRPずつがロックアップが解除され、移動することできるようになりました。

レポートによると、30億XRPのうち、27億XRPが再度ロックアップされるエスクロー口座に戻され、残りの3億XRPをシステムへの投資に使うとのことです。

仮想通貨市場の推移とXRP価格

仮想通貨市場は、2017年の第四四半期から、2018年の初頭にかけて大きく時価総額を減らしました。

仮想通貨市場全体の時価総額は91兆円に達していましたが、今期の終わりは28兆円と、なんと56.3%も減少しています。XRP価格も同様に下落しており、第一四半期初頭は208円でしたが、今期最後は55円と、73%も下落しています。大きな下落幅ですが、2018年3月31日現在のXRP価格は12月11日と比べると倍になっています。

しかも、XRPの出来高は第一四半期が過去最高で1600億円を記録していますし、XRPの市場シェアは昨年の2倍になっています。

仮想通貨市場は後退し、XRP価格も下落したものの、売買が活性化しシェアが増えていることは、リップル社にもXRP価格にとっても非常に好ましいことです。株でも仮想通貨でも、価格の下落よりも売買高の減少が問題になりますが、売買高や売買数が増えているということは、近い将来価格が上昇することが予想できます。

xRapidは拡大中

第一四半期、リップル社は5つの新しいxRapidの顧客を発表しました。

ウエスタンユニオン、ケンブリッジ国際決済、マーキュリーエフエックス、IDT、そしてマネーグラムです。第二四半期ではさらに、xRapidの採用企業を増やしていく予定です。またXRPの値を上げるためにはxRapidの普及は避けられない道で、投資家はxRapidのニュースに敏感になる必要があります。

XRP・xCurrent・xRapid・xViaの役割と違いを整理してみた

2018.03.06

各国の規制

世界中で仮想通貨への規制が続いています。

韓国では仮想通貨全面禁止の噂が流れましたし、中国は中国国民に対する仮想通貨取引を禁止措置を拡大しています。アメリカでは、テザー疑惑が吹き荒れました。日本では、コインチェックに保管していたNEMがハッキングされる市場最大のハッキング事件が起きました。

規制だけでなく仮想通貨を肯定しながらルールを作る国も存在していますので、悲観することはありません。メキシコやヨーロッパやイギリスでは、仮想通貨の技術や市場を守りながら発展させる方向に向かっています。

こういった禁止や規制は悪いものではなく、今後大口や機関投資家が参入するための準備と捉えるのが良いと思います。

参考記事

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。