盗難の5億NEMはダークウェブでバーゲンセール中。結果NEMは値下がり、売り圧力継続状態に

コインチェック事件で盗難されたNEMはダークウェブと呼ばれるインターネットでバーゲンセールされている状況にあります。

ダークウェブ参考記事はこちら。

ハッキング&盗難されたNEM(ネム)が換金されてしまった…と話題になった裏の世界「ダークウェブ」とは?

2018.02.13

市場価格よりも10%から15%も安く買えるとあって盗難されたものと気付きながらも購入する人が後を絶ちません。そのため他の仮想通貨が連日上昇しているのにNEMだけは波に乗り切れていません。これはNEM保有者にとっては由々しき問題です。

このまま売り圧に押されて購入意欲を削がれ停滞期に突入するのか、それとも盗難NEMの売りがなくなれば一気に反転するのか。今回は、NEMの現状と今後について説明&予想をしていきたいと思います。

スポンサー:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法が無料で公開されました。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK。元本50万円、月40万円の収入になるそうです。

実績者多数の講座なので、是非チェックをオススメします。
■無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

NEMと他のコインの価格を比較

まずは、NEMがどれだけ売り圧のせいで上昇の腰を折られているのかを確認してみましょう。

NEMのチャート

引用:Tradingview

ビットコインのチャート

引用:Tradingview

両者を比べて見ると、その違いは歴然です。

NEMは上がろうと思っても、売り圧力によって価格が上がりません。それに対してビットコインは力強く上昇を続けています。

NEMが上がらないのは売り圧力のせい?

NEM価格が上昇しないのは売り圧力のせいという見方もあります。

確かに犯人は1日に10億円ペースでNEMを売却している模様。

ここで、ニュースをよく見ている人なら「あれ?盗難NEMには印をつけているから売却できないんじゃないの?海外ならともかく日本の取引所では売却できないんでは?」と考えると思います。

しかし、ZaifでNEMを売却している人もいます。

確かにNEM財団は、盗難NEMにマーキングをしていると言いましたが、実はNEMにマーキングしているのではなく盗難NEMが入ったウォレットにマーキングしています。つまり、ウォレットを次々に変えればマーキングが追いつかなくなるということ。

犯人は次々とウォレットを新しいものに変えて、第三者に売却したり、匿名通貨などに交換をしたり、複数の手段で現金化ルートを作っているためか、現状は全てがマーキングされているというわけではありません。構図としては今はNEM財団と犯人のいたちごっこに、犯人が勝利している状態です。

盗難されたものと知りながらダークウェブに殺到する投資家が存在する限り、NEMの売り圧力は消えそうにありません。今のペースで売られ続けると、売り圧力が消えるのは3月中旬頃と見込まれています。

ビットコインに売り圧力が存在しない理由

犯人はNEMをダークウェブ上で、ビットコインなどの他の通貨建で販売しています。

ということは、ビットコインも相応の売り圧力が存在しているはずと思いますが、ビットコインやそれ以外の通貨にはそれらしき売り圧力が存在しません。

その理由は2つ、時価総額の大きさによるものと別の暗号通貨への交換です。

ビットコインの時価総額は桁違い

NEMとビットコインでは時価総額は50倍。

こちらが2月21日現在のNEMとビットコインの発行枚数と時価総額です。

NEMとBTCの発行枚数・時価総額比較

  1. NEM:89億9999万9999枚|時価総額 約4410億円
  2. BTC:2100万枚|時価総額 約25兆2000億円

(内盗難NEM:5億2300万枚)
※時価総額は2月21日現在

ビットコインの時価総額に対する盗難NEMの時価総額の割合はたった0.1%なのに対し、NEMの発行枚数に対する盗難NEMの割合は5.8%です。

犯人が全枚数をビットコインと交換する訳ではありませんが、時価総額が大きいビットコインにとってはNEM分の売り圧力など実は大きな問題ではないのです。

暗号通貨に交換

犯人たちは、NEMと交換したビットコインを法定通貨にせずとも「取引履歴を閲覧不能な暗号通貨」に交換してしまえば、追跡は不可能になりますので、その後は自由に使えます。

だから、ビットコインや他の通貨には盗難NEMの売り圧力が存在しません。

売り圧力よりももっと怖いのは「買う人」がいなくなること

売り圧力は確かに存在しますが、「コインチェックでNEMを保有していた人たちが強制利確している」という見方もできます。

つまり、将来の利確売りがこの1、2ヶ月の間に行われているだけ、という言い方も出来ます。

これが、盗難NEMでなければ、強制的にガチホ組や安値組が利確されて「上値が軽くなった状態」と言えます。

しかし、実際にはNEM は盗難されたというレッテルがついてしまいました。NEMを取引所で購入したら、「盗難のマーキングつけられちゃうの?」と心配になる方もいます。だから、他の仮想通貨のような買い手が現れないかもしれないのです。それが、一番恐ろしいことです。

実際のところNEMは危険な通貨ではありませんし、NEMには全く落ち度がありません。

テックビューロが手がけるCOMSAがNEMベースに変換されるというポジティブニュースもありますので、NEMの将来性はそれほど暗くありません。だからこの売り圧力期間を絶好の買い場と考えて、買い増しする投資家も存在します。

しかし、初心者さんは慎重に。まだ盗難NEMの問題は解決していませんので、落ち着くまでは静観することが無難ではないかと思います。

無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法を無料で公開中。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK、元本50万円で月40万円の収入も狙えるノウハウです。

実績者多数の無料講座なので、是非チェックをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。