【厳選】15社を徹底比較!仮想通貨の取引所TOP3ランキング

ビットコインをはじめとした仮想通貨の売買には「取引所」と呼ばれる機関での口座開設が必要ですが、いざ口座開設しようと思っても多くの取引所がありどこを選べば良いのか迷ってしまいますよね。

この記事では、取引所を選ぶ際にチェックしておきたいポイントや、日本語に対応している取引所15社を比較した上で仮想通貨JAPANが厳選した「TOP3」とその特徴を紹介しています。取扱通貨は全種類を記載していますので取引所選びの参考にしてください。

スポンサー:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法が無料で公開されました。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK。元本50万円、月40万円の収入になるそうです。

実績者多数の講座なので、是非チェックをオススメします。
■無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

取引所選びで需要な5つのポイント

1.取扱通貨の種類

何を置いてもまずはじめに確認しておきたいのが自分の欲しい仮想通貨を取り扱っているかどうかです。

世界的に信頼性の高いビットコインはどの取引所でも取り扱いがありますが、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)は購入できる取引所が限られています。

2.取引種類と手数料

仮想通貨の取り引きは大きく分けると「現物取引」と「レバレッジ取引(差金決済取引・信用取引・先物取引など)」の2種類があります。ざっくり説明すると、現物取引は持っている資金の範囲内で行う取り引きで、レバレッジ取引は自己資金以上を用いて行う取り引きです。

取引所によって対応している取引種類や条件が異なりますので、レバレッジ取引を行う場合はそれぞれの取引所の詳細をよく確認しておきましょう。

また、取引時の手数料は取引種類や取引所によって異なります。購入した仮想通貨を中~長期間で保存しておくならさほど気にする必要はありませんが、頻繁に売買や決済を繰り返していると手数料も増えていくので注意してくださいね。

3.仮想通貨の購入方法

仮想通貨の購入方法には「販売所取引」と「取引所取引」があり、取引所によって提供されているスタイルが違います。「販売所取引」は取引所とユーザー(自分)の売買スタイルで、「取引所取引」はユーザー同士の売買スタイルです。

販売所取引では取引所の運営会社が保有している仮想通貨を購入するのですぐに買えるというメリットがありますが、指定された金額でしか買えないというデメリットもあります。

一方、取引所取引ではユーザー同士が売買を行うため販売所よりも安く買えます。ただし、売りと買いの価格や数量があわなければ売買は成立しません。

4.セキュリティと安全性

仮想通貨はインターネットを通じて取り引きや口座(ウォレット)の管理を行うためセキュリティの強さはとても重要です。現在、ほとんどの取引所で基本的なセキュリティ対策はなされていますが、マルチシグネチャウォレットは対応していない取引所もあります。

マルチシグネチャウォレットとは

コインを移動する際に複数人からの承認を要求して安全性を向上させた高セキュリティの取引所口座(ウォレット)。

安全性については100%の保証はないものの、やはり大手のほうが資金力があるので安心です。取引高(成立した売買数)などもチェックしておくとひとつの目安にはなります。

5.ツールの使い勝手

意外と見落としがちなのがチャート画面の見やすさやスマホアプリの使い勝手です。特に初心者だと最初は何を見れば良いのか分からないので、使い勝手が悪ければそれだけでストレスになってしまいます。

何事もはじめが肝心!仮想通貨投資に対して苦手意識が生まれないよう、初心者でも使いやすい取引所からスタートするのがオススメです。

仮想通貨の取引所15社を比較

ここでは、日本語に対応している取引所15社を特徴を交えて紹介しています。(取扱通貨は通貨単位、文末にそれぞれの通貨名称を記載しています。)

1.コインチェック(coincheck)

  • 取扱通貨:BTC・ETH・ ETC・LSK・FCT・XMR・REP・XRP・ZEC・XEM・LTC・DASH・BCH
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引・信用取引・レバレッジ取引(最大レバレッジ5倍)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/有
  • 特徴:国内の取引所の中では世界的に人気のある仮想通貨を最も多く取り扱っている。スマホアプリの使いやすさやチャートの見やすさに定評がある。

公式サイト:https://coincheck.com/ja/

2.ビットフライヤー(bitFlyer)

  • 取扱通貨 BTC・ETH・ETC・LTC・BCH
  • 取引手数料:0%~0.15%
  • 取引種類:現物取引・FX取引・先物取引(最大レバレッジ25倍)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/有
  • 特徴:大手企業が出資している国内の大手取引所。取引所の中でも資金力はトップクラスで安心・安全との定評があり初心者にも人気が高い。

公式サイト:https://bitflyer.jp/ja/

3.ビットバンク(bitbank)

ビットバンクCC(bitbank.cc)

  • 取扱通貨:BTC・XRP・LTC・ETH・MONA・BCH
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引・BTCFX(先物取引)(最大レバレッジ20倍)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:ビットバンク株式会社が運営する2017年に設立された取引所。様々なテクニカル分析が可能で上級者に人気が高い。

公式サイト:https://bitbank.cc/

ビットバンクトレード(bitbank trade)

  • 取扱通貨:BTC
  • 取引種類:BTCFX(先物取引)(最大レバレッジ20倍)
  • 特徴:ビットバンク株式会社が運営するビットコインのレバレッジ取引に特化した取引所。

公式サイト:https://www.bitbanktrade.jp/

4.ザイフ(Zaif)

  • 取扱通貨:BTC・XEM・MONA・BCH・ZAIF・XCP・BCY・SJCX・PEPECASH・FSCC・CICC・NCXC
  • 取引手数料:-0.01%
  • 取引種類:現物取引・信用取引・AirFX・先物取引(最大レバレッジ25倍)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/有
  • 特徴:他の取引所にはない仮想通貨(トークン)が多くトレーダーに人気。マイナス手数料で取引をすると手数料がもらえるのも嬉しい。

公式サイト:https://zaif.jp/

5.ビットポイント(BITPoint)

  • 取扱通貨:BTC・ETH・BCH
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引・レバレッジ取引・ビットポイントFX取引(最大レバレッジ25倍)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:FX取引ツールとして人気の高い「MT4(Meta Trader4)」を利用した取引を日本で初めて実現した取引所。上場企業の子会社で信頼性も高く上級者に人気。

公式サイト:https://www.bitpoint.co.jp/

6.ビットトレード(BitTrade)

  • 取扱通貨:BTC・XRP・LTC・ETH・MONA・BCH
  • 取引手数料:0.2%(通貨によって異なる)
  • 取引種類:現物取引
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:FX取引大手のグループ会社が運営。世界的に人気の高い通貨の取り扱い数はビットバンクCCと並びコインチェックの次に多い。

公式サイト:https://bittrade.co.jp/

7.コインエクスチェンジ(QUOINEX)

  • 取扱通貨:BTC・ETH
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引・レバレッジ取引(最大レバレッジ25倍)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:豊富な通貨ペア数と最大レバレッジ25倍を誇る取引所。LINEでの問い合わせに対応していてスマホでも気軽に取引しやすい。

公式サイト:https://ja.quoinex.com/

8.みんなのビットコイン

  • 取扱通貨:BTC・ETH・BCH
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引・レバレッジ取引(最大レバレッジ25倍)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:FX取引で知られているトレイダーズホールディングスが運営。最大レバレッジは25倍。最短で翌日からの取引が可能。

公式サイト:https://min-btc.com/

9.GMOコイン(旧 Z.comコイン)

  • 取扱通貨:BTC
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引・仮想通貨FX(最大レバレッジ原則5倍)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:GMOグループが運営する取引所。大手企業ならではの安心感がありサポート体制やセキュリティも整っている。

公式サイト:https://coin.z.com/jp/index.html

10.レムリア(Lemuria)

  • 取扱通貨:BTC
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:世界の大手取引所で利用されているセキュリティサービス「BitGo」を日本で初めて採用した取引所。

公式サイト:https://lemuria-trade.com/

11.フィスコ(Fisco)

  • 取扱通貨:BTC・MONA
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引
  • 購入方法:取引所/有 販売所/有
  • 特徴:フィスコ株式会社の子会社が運営。大手取引所Zaifを運営しているテックビューロ社の取引システムを使用しているので信頼性が高い。

公式サイト:https://fcce.jp/

12.ファイヤーX(FIREX)

  • 取扱通貨:BTC
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:クラウドファンディングの大手CAMPFIREが運営する取引所。テックビューロ社の取引システムを使用。

公式サイト:https://firex.jp/

13.BTCボックス(Btcbox)

  • 取扱通貨:BTC・BCH
  • 取引手数料:0%~0.2%
  • 取引種類:現物取引・信用取引(レバレッジは変動)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:2014年3月に設立された取引所で海外版もあり。ライトコイン・ドージコインの取り扱いは現在は停止している。

公式サイト:https://www.btcbox.co.jp/

14.マネー365(Money365)

  • 取扱通貨:BTC
  • 取引手数料:0%
  • 取引種類:現物取引
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:ブロックチェーン技術の普及に努めるカレンシーポート株式会社が運営する取引所。

公式サイト:https://www.money365.online/

15.クラーケン(Kraken)

  • 取扱通貨:BTC・BCH・DASH・EOS・GNO・USDT・ETC・ETH・ICN・LTC・MLN・REP・DOGA・XLM・XMR・XRP・ZEC
  • 取引手数料:0%~0.16%
  • 取引種類:現物取引・レバレッジ取引(最大5倍)
  • 購入方法:取引所/有 販売所/無
  • 特徴:2011年に設立されたアメリカが本社の取引所。セキュリティに定評があり円やドル以外でも取引が可能。

公式サイト:https://www.kraken.com/

取扱通貨(単位)の名称一覧

BTC:ビットコイン
BCH:ビットコインキャッシュ
XRP:リップル
ETH:イーサリアム
ETC:イーサリアムクラシック
LSK:リスク
FCT:ファクトム
XMR:モネロ
REP:オーガー
ZEC:ジーキャッシュ
XEM:ネム
LTC:ライトコイン
DASH:ダッシュ
DOGA:ドージコイン
XMR:モネロ
MONA:モナコイン
ZAIF:ザイフ
XCP:カウンターパーティー
BCY:ビットクリスタルズ
SJCX:ストレージコインエックス
PEPECASH:ペペキャッシュ
FSCC:フィスココイン
CICC:カイカコイン
NCXC:ネクスコイン
EOS:イオス
GNO:グノーシス
USDT:テザー
ICN:イノコミ
MLN:メロンポート
XLM:ルーメン

取引手数料は現物取引の手数料です。
その他手数料や詳細は公式サイトよりご確認ください。

15社を比較して選んだ「取引所TOP3」

【1位】コインチェック(coincheck)

コインチェック
取引所にはそれぞれ特徴やメリット・デメリットがありますが、トータルバランスを考慮すると初心者がまず最初に利用したいのがコインチェックです。

インターフェイスがシンプルで見やすいためストレスなく取り引きが始められ、世界的に人気の高い通貨を13種類も取り扱っているので仮想通貨を学ぶ上でも大きなメリットがあります。

また、コインチェックでは2017年6月から日本初の「不正ログインによる損失補償サービス」が実施されています。万が一なりすましによる被害を受けた場合でも、1回の請求に付き100万円まで補償されるので安全性においても安心感があります。

コインチェック(Coincheck)の登録方法と評判・口座開設手順

2017.08.28

【2位】ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー
多くの大手企業から出資を受けていて資金力のあるビットフライヤーは、ビットコインの取引量でも常に日本1~2位をキープするほど安定性が高く人気もあります。

取り扱っている通貨は少ないものの資産の分散管理には最適と言えるほど安心感のある取引所なので、ビットコインはビットフライヤー、リップルやネムはコインチェックと分けて利用している方も多いようです。

2017年8月には、ビットコインの月間取引量が1.5兆円を突破したことを記念して1万円が当たるキャンペーンが実施されていましたが、ビットコインがもらえるキャンペーンなども随時開催されています。

ビットフライヤー(bitFlyer)の登録方法と評判・口座開設手順

2017.09.02

【3位】ザイフ(Zaif)

ザイフ
現物取引の手数料が0%(無料)の取引所は多くありますが、取り引きすると手数料がもらえるマイナス手数料を実施しているのはザイフだけです。

また、ビットコイン以外にもモナコインやネムといった注目度の高い通貨や、トークンと呼ばれる仮想通貨を多く取り扱っているのも魅力で上級者にも人気の取引所となっています。

「コイン積み立て」というローリスクで安定した収益が目指せる独自の投資方法も提供されているので、仮想通貨の長期運用を考えている方にもオススメです。

ザイフ(Zaif)の登録方法と評判・口座開設手順

2017.09.07

仮想通貨JAPANが注目している取引所

「取引所TOP3」では、15社それぞれの特徴からトータルバランスを見て初心者でも安心して利用できる取引所を紹介しましたが、個人的にはビットポイントもオススメです。初心者向けではありませんが、仮想通貨の売買に慣れてきたら是非こちらもチェックしてみてください。

ビットポイント(BITPoint)

ビットポイントの特徴は、世界的に人気のFX取引ツール「MT4」の採用など上級者向けのサービスが充実している事です。また、ビットポイントを運営する株式会社ビットポイントジャパンの主な経営メンバーは金融業界出身のため、金融商品取引業者と同レベルでシステムや管理態勢が整っています。

2017年8月29日には貸金業の登録を完了したとの発表があったため、今後の新たなサービス展開にも期待できそうです。

当社は、2017年8月29日(火)に貸金業法(昭和58年法律第32号)に基づく貸金業の登録を完了しましたのでお知らせいたします。
今後は、仮想通貨を担保とした金銭の貸出しなど、新たな信用創造を検討して参ります。詳細につきましては、随時、公表させていただきます。

引用:貸金業者としての登録のお知らせ|BITPoint
(URL:https://www.bitpoint.co.jp/2017/08/29/info-23/)

まとめ

取引所にはそれぞれ特徴があり目的によって合う合わないがありますし、資産の分散管理という点でも複数の取引所を利用するのがベストです。

ここまで読んでも「違いがよく分からない…」という方もご安心を!ひとまずTOP3の取引所で口座開設すれば、取扱通貨も取引種類も分散されるので上級者向けの取り引きにチャレンジしたくなるまでは十分に事足ります。

まずは口座開設をしてみる。少額でいいので実際に仮想通貨を購入してみる。仮想通貨投資への第一歩を踏み出すためにこの記事がお役に立てば嬉しいです。

無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法を無料で公開中。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK、元本50万円で月40万円の収入も狙えるノウハウです。

実績者多数の無料講座なので、是非チェックをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。