【随時更新】仮想通貨取引所大手のコインチェックがJPY含む全通貨の出金停止、NEMの不正送金が原因か?

コインチェックから公式発表があり次第、追記を行う予定です。
2018.01.27:記者会見の様子(動画)を追記しました。
2018.01.27:記者会見で発表された内容をツイートでまとめました。
2018.01.27:コインチェックがNEMユーザーに対してJPYで補填を発表しました。

仮想通貨取引所大手のコインチェックが現在JPY含む全仮想通貨の入出金を止めています。

まだ公式発表がないため、噂ベースとなりますが原因はコインチェックがハッキングされ、NEMが不正送金されたことが原因と言われています。送金された額は5.4億NEM(約620億円)とされ、仮に本当にハッキングされたとなると過去最大の不正送金額となる模様です。

こちらコインチェック本社前の様子です。

公式発表が待たれる状態ですが、今集まっている情報をこの記事でまとめておきたいと思います。

コインチェック騒動が起きてから現在までの流れ

コインチェックで騒動が起きてから現在までの流れは以下の通りです。

  1. コインチェックのNEMアドレスから5億NEMが他アドレスに五回に分けて移動されたことがTwitter上で話題になる
  2. コインチェック保有のNEMが残りわずかとなる(1NEMほどしか無いとされていた)
  3. NEMの入出金と売買が停止
  4. 少しずつ騒ぎが大きくなり全ての通貨が出金停止となる
  5. ビットコインを除く通貨(アルトコイン)の売買も停止
  6. クレジットカード、ペイジー、コンビニ入金による入金が一時停止
  7. 【現在】各所で報道が行われている

コインチェック公式ツイッターアカウント&

コインチェック公式ブログで今回の騒動についての対応を時系列で掲載しています。

【重要】NEMを始めとした取扱通貨について(随時更新)

今回の騒動で真っ先に記事を配信した山本一郎氏

コインチェックが対応ツイートを配信している中で、真っ先に騒動をまとめた記事がYahoo!ニュースにアップされました。山本一郎氏の記事です。

国内のビットコイン取引所大手のコインチェック(coincheck)社で、顧客の預かり資産とみられる仮想通貨「XEM」が5.4億XEM、日本円にして約620億円以上が引き出されていることが分かりました。 引用元:Yahoo!ニュース|ビットコイン取引所「コインチェック」で620億円以上が不正に引き出される被害が発生(追記あり)

上の記事の中で、伝えているポイントは以下の通り。

山本一郎氏の記事の要点

  1. コインチェックはNEMの不正大口引き出しを14時には把握
  2. 14時40分ごろにはNEM.io財団に事態収拾のためのコンタクトを取っていた
  3. 暗号通貨NEM以外でも不正な流出を発見し、現在状況を精査中
  4. コインチェック社は、状況を覆い隠さず早期に公表する義務を持つ

と、非常に具体的な記載を行っています。

その他の各社報道では、

NHK NEWS WEB

26日正午すぎから一部の仮想通貨で売買を停止し、その後、ほかの仮想通貨についても売買を停止しているとしています。 引用元:NHK NEWS WEB|仮想通貨取引所「コインチェック」売買停止のトラブル

時事通信社

仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京)は26日、取り扱う全通貨の出金を停止したと発表した。ビットコイン以外の新興仮想通貨の売買も停止した。 引用元:時事通信社|コインチェック、出金を停止=トラブル発生か―仮想通貨大手

と、売買を停止しているという点だけを伝えており、その原因についての記載はありませんでした。

追記:日本経済新聞

日本経済新聞はNEMで不正送金の疑いと記載し、金融庁の名前も出して報じています。

仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京・渋谷)は仮想通貨の一種である「NEM」で不正な資金流出の疑いがあるとして26日午後、金融庁に報告した。利用者に扱う全通貨の出金を一時中止すると伝え、同社は原因の調査を始めた。引用元:日本経済新聞|コインチェック、不正流出の疑い調査 数百億円規模か

今回の騒動についてNEM財団代表のLon Wong氏

今回の騒動についてネム財団代表 Lon Wong氏がツイートしています。

『コインチェックがハッキングされたのは残念です。 しかし、私たちができることは何でもやりたい』と発言しています。

例えば今回のハッキング(仮に)分を無かったことにすれば騒動が収まる可能性はあります。しかしNEM財団側はフォークはしない意向という情報もあるため、今後どのような扱いになるかはコインチェックの公式発表を待つしか方法がありません。

コインチェックユーザーが財産を守るために出来ることは現状無い

現状、コインチェックはJPY含む全ての通貨の入出金を停止しているため、ユーザーが出来ることはありません。唯一出来ることは「コインチェックの公式発表を待つ」のみです。まずは発表を待ちましょう。

2018.1.27追記:コインチェック記者会見の模様

このツイートには追記の形で続きをまとめています。続きはTwitterでご覧下さい。

2018.1.27追記:NEMチームの動き

奪われたNEMが現金化されないようNEMチームが活動をしているというツイートが出ています。

コインチェックの管理が甘かったのは事実ですが、元を辿って本当に悪いのはハッキングした人です。NEMチームのこの頑張りには感動です。

2018.1.27追記:コインチェック、不正送金されたNEMをJPYで補填

1月27日深夜、コインチェックが今回の不正送金された被害について対応方針を公開しました。内容は以下の通りです。

1月26日に不正送金されたNEMの補償について

総額 : 5億2300万XEM
保有者数 : 約26万人
補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)〜本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
補償金額  : 88.549円×保有数
補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。  

引用元:Coincheck Blog|不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について

約500億円のJPYを自己資金で補填するとのことで、多くのユーザーからどよめきが聞こえました。

この対応についてNEMユーザーからは「強制利確」「税金分どうするんだ」「レートが低い」「NEMで返して欲しい」などの声があがったのは事実です。しかし、コインチェックの対応スピードや、現金で補填するその姿勢を賞賛するユーザーの方が多数のように感じました。

これがもし海外の取引所だったとしたら、おそらく1円も帰ってこなかったと言われているので、そういう意味ではコインチェック社は英断をしたと考えます。

また、今回の発表で「今後も事業を継続して参ります」とはっきりと記載があり、GOXが無いということも示され安心感が広がっています。

ただし、まだ問題は残っています。補填の時期がいつになるのか、他通貨の引き出しはいつから出来るのか、セキュリティ対策はどういった内容なのか、金融庁の処分がどういった内容になるのか、これらはまだ何も決まっていません。まだ事件は終わりではありませんので、完全に安心するのは早いと思います。引き続き情報を追跡します。

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。