CC社への立ち入り検査が行われている中で金融庁「コインチェックの業務再開は13日以前の可能性も」と報道

本日2日、午前8時から行われていた金融庁のCC社立ち入り検査が行われている中、日経QUICKニュースより「コインチェックの業務再開は13日以前の可能性も」との報道が出ています。

金融庁、コインチェック再開「13日前でも可能」

金融庁2日午前、約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した仮想通貨取引所大手コインチェック(東京・渋谷)の業務再開について、再発防止策などが確認できれば13日以前でも再開できるとの考えを示した。
同庁は1月29日、改正資金決済法に基づく業務改善命令を出し、2月13日までに再発防止策などを報告するよう指示。2日には立入検査も始めた。
同調関係者は「現在はコインチェックが自主的な判断で業務を停止している」と指摘。「再開にはシステムリスク管理体制を万全にすることが前提」としたうえで「報告は期限以前でも出来る。立ち入り検査や報告に基いて判断することになる」と説明した。〔日経QUICKニュース(NQN)〕

これが立ち入り検査の結果を受けての報道なのかニュース内に明言が無いため、安心するのはまだ早いという意見が出ています。再開に向けたセキュリティ&管理体制の構築がどうなるのか?また立ち入り検査の結果を受けての続報を待ちたいと思います。

しかしながら「金融庁が再発防止策などが確認できれば13日以前でも再開できる」としていることに大きな意味があるのは間違いありません。

このニュースのポイント

  1. 金融庁が13日以前でも再開出来ると考えている
  2. セキュリティ・管理体制がいつ・どのように強化されるのか?
  3. 2月2日の立ち入り検査の結果を受けて、どのような判断になるのか?

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。