更なる仮想通貨大国に?韓国最大手銀行がビットコイン金庫を配布予定

2017年11月24日、韓国の銀行の中で最大手である新韓銀行が顧客に対してビットコインの金庫、つまり仮想通貨ウォレットを提供するという計画を発表しました。

韓国最大手の新韓銀行が、ビットコインの保管を開始すると発表した。仮想通貨に対する世界的な興隆を受けてのことだ。フィナンシャル・タイムズが伝えた。引用元:BTCN|韓国最大手銀の新韓銀行、ビットコイン金庫の開始を発表

韓国では、バブルや詐欺のリスクを避けるべく、2017年9月に金融委員会が仮想通貨のICOに関する規制を強くする方針を発表しています。しかし、仮想通貨市場において既に韓国は多くのシェアを抱えており、国も仮想通貨自体への姿勢は中立的でした。今後は各種制度を強化した上で、合法化する方針のようです。

では、この新韓銀行による仮想通貨ウォレットの配布とは一体どのようなものか、詳しく見ていきましょう。

仮想通貨の取引量が多い韓国

新韓銀行の仮想通貨ウォレット配布には、韓国国民の仮想通貨に対する関心が影響しています。

実は、韓国国内での仮想通貨の取引高はKOSDAQの取引高を越えています。

韓国国内の仮想通貨の取引高は既にKOSDAQ(韓国の証券市場)を上回っており、イーサリアムやリップルなどのアルトコインの出来高は世界の40%を超えるシェアを抱えるほどに成長した。引用元:BTCN|韓国最大手銀の新韓銀行、ビットコイン金庫の開始を発表

韓国では韓国証券取引所への上場が厳しく、中小企業やベンチャー企業にとっては夢のまた夢。そんな企業のために事業資金を円滑に調達できるよう作られたのがKOSDAQという証券市場です。

韓国は、事業者全体の99.9%を中小企業が占めており、大企業との格差が広まっているという問題も抱えています。そんな彼らが使う証券市場の取引高を超えるくらいですから、韓国での仮想通貨の勢いが如何に凄まじいものであるかが分かるはずです。現に韓国は世界も認める仮想通貨大国であり、日本の企業も韓国での取引所の運用など仮想通貨に関する事業を展開しています。

このような仮想通貨の興隆に従って、今回の発表に至ったと考えられます。

コインアドレスと秘密鍵は銀行が管理

実際に新韓銀行が行うウォレット配布サービスの詳しい内容について見ていきましょう。

現在、仮想通貨の保管方法は、取引所に預ける、またはハードウェアウォレットで保管する、という主に2つの方法があります。安全性は確実ではないが操作性の良さや融通が聞くのが前者、管理は面倒だが安全性が確保されているのが後者ですね。

今回今までのこの2つの保管方法に加えて、第3の選択肢として「銀行が管理する」という方法が追加されたのです。

事業内容自体は取引所による保管と変わりません。仮想通貨からコインアドレス、秘密鍵までも銀行に預ける完全依存型の保管方法になります。現段階では、銀行から仮想通貨を購入できるかどうかについては言及されていませんが、国内の仮想通貨取引所と提携することで仮想通貨を提供する形を取るのではと言われています。

銀行が仮想通貨ウォレットを配布することのメリット

銀行からすれば「銀行による保管なので安全です」というブランディングによって、顧客の確保、さらに言うとその手数料を狙っているのかもしれません。しかし、安全性だけでいえば自らハードウェアウォレットを使って保管するほうが安全だという意見もあります。既に仮想通貨を利用している人にとっては、このプロジェクトはあまり魅力的ではないかもしれませんね。

ただ、国の銀行が窓口になってくれる安心感から、今まで仮想通貨の利用を躊躇していた層も、より利用しやすくなるというメリットはあるでしょう。

韓国金融委員会としても、今後は仮想通貨取引所として銀行がより安全な場所となるよう、本人確認の厳格化、取引の透明性の向上などを図り、必要に応じ罰則なども定めていく方針のようです。

まとめ

銀行による仮想通貨の保管という新しい仮想通貨の保管方法が登場することになりそうですが、これを機に、韓国ではより仮想通貨が普及し、更なる仮想通貨大国になっていくかもしれません。

2018年半ばには公開が予定されているため、どのようにニーズが膨らむか、要チェックです。

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。