1ビットコイン(BTC)が10万ドルを越えると予想する人続出。果たしてその日は本当に来るのか?

2017年の1月1日、1BTC約115,000円から始まりました。その後様々な出来事がありつつ、6月には約330,000円、8月には550,000円、11月に1,000,000円を突破、12月にビットコイン史上最高値の2,200,000円の値をつけ、この記事を書いている現在は12月12日は190万円前後で調整中。

以下コインチェックのチャートです。

引用元:Coincheck Traderview

1月1日から、最高値までの伸びを計算すると、なんと約19倍。年始に1万円分購入していれば19万円。100万円分購入していたら今頃1,900万円です。こういった値動きの結果を見て「あの時購入していれば…」と思ったことがある人は結構多いと思います。

さて、そんなビットコインですが、次の目指すべきポイントは1BTC10万ドル(約1130万円)説が増えてきているようです。今の時点でバブルな雰囲気があるビットコインですが、ビットコインはバブルではなく技術革新として強気な姿勢を見せる人が多いようです。

将来のことは誰にもわかりませんが、1つの情報としてチェックをオススメします。

2018年、1BTCが10万ドルになる可能性も十分にある

トレード業務を行うオクタゴン・ストラテジーを経営する香港在住のトレーダー、デイブ・チャップマン氏はアメリカのCNBC経済番組に出演して次のように発言しています。

同氏は番組の中で、「(ビットコインが)2018年にわたって上昇し、6ケタの価格をつけて新聞の一面になっても驚かないだろう」とした。 引用元:cointelegraph|香港在住トレーダー「ビットコインは18年に10万ドルへ、ETFももうすぐ」

氏はビットコインのETFも近いうちにスタートする、公の場で賭けてもいいと強気な発言をしていて、1BTC10万ドルは本当にありえると考えているようです。確かに2017年の値の動き方や、CBOEで先物がスタートし、機関投資家が今後たくさん入ってくることを考えると1BTC10万ドルはあながち誇大ではないのかもしれません。

また、デンマークの投資銀行であるサクソバンクのマクロストラテジストでカイ・ヴァンピーターセン氏が次のように発言したそうです。

ビットコイン価格が今後6~18ヶ月で5~10万をつける 引用元:cointelegraph|サクソ銀行マクロストラテジスト「ビットコインは6~18か月で10万ドルへ」機関投資家やETFによる押上げで

カイ・ヴァンピーターセン氏はビットコイン強気派として知られているとのことで、ポジショントークが入っている可能性は多いにあります。しかし、「1BTC10万ドルは6~18ヶ月で到達」という言葉は上でご紹介したデイブ・チャップマン氏とほぼ同じ予測です。

ストラテジストとは?

ストラテジストは、「ストラジスト」とも呼ばれ、簡単に言えば、投資戦略を考える専門家のことをいいます。

それでもカイ・ヴァンピーターセン氏は

同氏は「ETF、投資信託やその他形体の投資が滝のように流れ込んでくる」と予想。10万ドルは「慎重な」予測とした。 引用元:cointelegraph|サクソ銀行マクロストラテジスト「ビットコインは6~18か月で10万ドルへ」機関投資家やETFによる押上げで

と、1BTC10万ドルでも「慎重」としています。逆にいくらまでありえる価格なのか気になりますね。

さらに、著名な投資家&ビットコイントレーダーであるトーン・ベイズ氏は独自の分析手法でビットコインの将来性を発表しています。

ビットコインの短期的な変動、中国によるビットコイン取引の禁止などを踏まえても、2018年末までにビットコイン価格は10万ドル(約1,100万円)を超え、時価総額は数兆ドルに達する 引用元:仮想通貨の教科書|ついに出た!ビットコインが10万ドルになるという予測

その他にも2018年とはしないまでも、2021年までには1BTC10万ドルに到達するといった意見や、10年以内には到達するといった意見が散見されています。予測はあくまでも予測。正しいかもしれないし、間違っているかもしれません。あとは投資家がどのように状況を判断するかです。

ビットコインの歴史を遡れば、昔は1BTCでピザが2枚買えたのに、今は1BTCで車1台を買えてしまう規模にまで成長してきました。これが今後高級車を買えるようになるのか、家を買えるレベルになるのか、、、本当に今後が気になりますね。

ただし、ビットコインには問題が山積み。BCHに覇権を譲る可能性も…

ビットコインのこれまでの高騰っぷりを見れば、今後も伸び続けてくれる…と考えたいところですが、問題を抱えていることも忘れてはいけません。

ビットコインは今スケーラビリティの問題、既存金融システムの既得権益の問題など、解決しなければならない課題が複数あります。1つ1つ解決していけばいいのですが、もし解決しなかった場合はビットコインから分裂したビットコインキャッシュ(BCH)に覇権を譲る可能性もあります。

実際に今ビットコインの送金詰まりは20万件前後あるようで、日に日に増えているようです。こういった時に非中央集権の弱さを感じてしまうのは私だけではないはず。

また、SBIVSもBCHを押すとしていて、少しずつですが着実にBCHに流れが来ているような雰囲気を感じます。現状、性能面ではBCHが上。あとは知名度と普及されるだけと言われているほどなので、今後どうなるのか注目しておきたいところです。

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。