未知数の価値を持つ「ビットコインゴールド(BTG)」が市場に与える影響とは?

10月25日を予定していたビットコインの新たなハードフォーク(分岐)「ビットコインゴールド(BTG)」が、予定を前倒しして10月24日に登場しました。

この新たな通貨の誕生によりユーザーは大きく動揺しましたが、一体ビットコインゴールドは仮想通貨市場にどんな影響をもたらすのでしょうか?ビットコインゴールドが持つメリットとデメリットを詳しく解説していきます。

BTGがマイニング市場の独占状態を覆す起爆剤に?

BTGの特徴として、POW(プルーフオブワーク)の大きなシステム変更が挙げられます。

POWとは、ネットワークを支えるマイニング(採掘)作業を行なう「マイナー」の仕事量などを見極めるアルゴリズムの事を言います。

「マイナー」とは?
「マイナー」とは、ビットコインの全取引記録を処理する為には、莫大な計算をしなければなりません。その計算を世界中の有志のコンピュータリソースを借りて処理しています。その協力費をビットコインとして貰う人々をマイナーと言います。

これは一生懸命に仕事をした人とサボっていた人との報酬が一緒である事に疑問を感じるため、新たなシステムで公平かつ健全な採掘作業を行なっていこうという考えから導入されています。

このシステムの変更で特別な演算機能が必要なくなり、マイニングに参加するハードルも低くなると言えるでしょう。演算能力の高い企業がマイニング市場を独占するという状態も覆す起爆剤になるかもしれません。

ASICboostの抑制

ビットコインゴールドでは、派生元であるビットコインのマイニングに使用されている「ASICboost」という技術が利用できません。

このASICboostとは、中国のマイニング企業が使用している裏技のような技術で、取引記録の保存をサポートする計算を行なうよりも2〜30%の効率化が期待できるというもの。このASICboostを使えなくすることによって、市場シェアの分散が見込めると言われています。

投資のチャンスが増える

分裂により生まれたビットコインゴールドを含め、現在ビットコインには

  1. ビットコイン
  2. ビットコイン(Segwit2x)
  3. ビットコインキャッシュ
  4. ビットコインゴールド(BTG)

…という4種類が存在します。

ということは、投資家の方たちから見ればBTGの登場は先が読みにくいとはいえ、投資先が増えるという事になりますよね。投資先は多い方が、資金力のある企業や投資家の買い占めを防ぎやすくなり、市場の健全化に寄与します。市場全体でみれば歓迎すべき出来事です。

ビットコインゴールドはビットコインを持っているだけでその同数がもらえる仕組みになっていますので、実際にマーケットではビットコインの大きな買いが続いているとのこと。

ビットコインとビットコインゴールドは全くの別物

BTGは前述の通りビットコインから分裂して生まれた仮想通貨ですが、元々のビットコインとは似て非なるもの…つまり、全く別のコインとなります。

正確に言えば、ビットコインゴールドとビットコインキャッシュは「アルトコイン」という仮想通貨と同様で、ソースコードが元になる別の仮想通貨と捉えましょう。

今回のビットコインゴールドの試みについて、専門家は「生物は子孫を作ることで利益を得ている。今回はその原理がブロックチェーンの世界でも通用するかを確かめるために実験を行なっている」と語ります。こういった見方をする人は実際に多いです。今後も、もしかするとビットコインから分岐する新たなコインが頻発するのかもしれませんね。

BTGの取り扱い声明を発表している取引所

ビットコインキャッシュが分裂した際、各取引所では大きな混乱が起こりました。しかし、その混乱があったからこそ、今回のビットコインゴールドのハードフォーク(分岐)時には冷静な対応が見受けられました。

では、今回のビットコインゴールドの登場時に取り扱いの声明を発表した取引所の一覧(一部)を見てみましょう。

「Zaif」や「みんなのビットコイン」ではビットコインゴールドの付与・取り扱いはしないとのこと。また、「bitpoint」や「bittrex」では付与は行なうが取り扱いはしないという姿勢のようです。

ビットコインゴールドが持つ複数の問題点

自身が所持するビットコインと同数が付与されるというビットコインゴールドですが、複数の問題点をはらんでいるという声も散見します。一体どんな問題点なのか、1つずつ解説していきます。

すでに開発者側が大量のBTGを保有

ビットコインゴールドは、すでにプレマインが行なわれています。

プレマインとは事前採掘という意味を持っており、つまり開発者が一般に公開する前から通貨を保有している事を言います。

このプレマインは、上場した後に価格が上がった際、開発者が通貨を大量に売りさばいて価格を暴落させる…つまり開発者側のみが儲けを得る可能性がある、という危険性をはらんでいます。もちろんユーザーたちはそんな自体を見過ごせませんよね。そのため、早くもビットコインゴールドを批判する声があがっているそうです。

「Equihash」への移行不備

ビットコインは、先ほど説明したPOW(プルーフオブワーク)を用いる際に、新たに「Equihash」というアルゴリズムを使用しています。しかし、まだこちらへの移行が未完了とのことで、何かしらの不具合が発生するのではないかという懸念があります。

通貨を勝手に盗み取る「リプレイアタック」への不安

リプレイアタックとは、送信者の元帳から通貨を勝手に盗み取るサイバー攻撃のこと。ビットコインゴールドではこのリプレイアタックへの対策として、ビットコインキャッシュでも用いられたSIGHASH_FORKIDという保護方法を提案しています。

しかし、この方法はまだ提案されただけであり、実装には至っていません。

さらに通貨の基盤となる「ブロック」の安定的な生成や「ブロックチェーン」の稼働が未確定といったところにも不安があるという意見があります。

ビットコインゴールドの価値は未知数!これからの動向に注目

ビットコインゴールドの登場によって新たな層が市場に参入し、通貨の価格が上昇する可能性もありますが、逆に価値が無いと評価される可能性もゼロとは言えません。要するに、まだビットコインゴールドの価値は「未知数」だという事です。

今後どのような動きをみせるか、取引を考えている方は見逃さないようにしましょう。

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。