ビットコインの単位表記「BTC」から「Bits」へ変更の可能性

2017年には、一時230万円台まで急騰したビットコインが新たな動きを見せています。

現在1BTCとされている単位が1btsに変わるかもしれません。これは、今後ビットコインの購入を考えている人も、既に保有している人にも重要な問題なので、ビットコインの単位表記変更が求められている理由と、単位表記変更によるメリットを含め詳しく解説していきます。

ビットコインの単位がBTCからBitsへと変わるかもしれない

仮想通貨情報サイトの「Cryptocurrencymagazine」がビットコインの単位を変更する趣旨の記事をアップしました。

ビットコイン開発者のJimmy Song氏は、ビットコインの単位を再定義する案を12月にGithubに提出した。この提案をShapeShiftのCEO Erik Voorheesは支持している。引用元:Cryptocurrencymagazine|ビットコインの単位を変更することにShapeShiftが同意

このニュースが今ビットコイン投資家達の間で話題となっています。

BTCは単位が大きいために新規で購入しにくく、入力ミスも起こしやすい

ビットコインは昨年12月に一時1BTC 200万円を超えました。

昨年度はアルトコインの価格も上昇しましたが、それでも数万円から数十万円程度ですから、比較するとビットコインだけがもの凄く高いように感じます。ビットコインは高いから安い他の通貨を買うというユーザーもかなり多いようです。

1BTCが高すぎると買う気がしない?

1BTCが200万円だと、「最低でも200万円ないと投資できないのでは?」とか、「金額が上がりきってしまっているから、今から参入しても遅いのでは?」、「バブルなのでは?」などというイメージを与えてしまいがち。

また、新規参入時には、購入するなら0.001BTCなどという中途半端な数ではなく、1BTCから購入したいという心理が働くことも考えられます。1BTCが高額だと、購入する意欲が損なわれやすいです。

単位表記価格が高いからビットコインが高いと思うのは間違い

仮想通貨の価格は総供給量の割合などによって左右されますので、単位表記価格が高いからといって、その仮想通貨が高いと考えるのは間違っています。それは多くの方が知っていること。とはいえ。現実問題として割高なイメージを与えてしまっているのが、いまのBTC表記です。

色々な問題が浮上している中で上がった打開策が「Bits」

今回BTCからの変更が提案されたのはBTCの100万分の1である「Bits」です。

わかりやすいよう「Bits」を含め、ビットコインの代表的な単位をみておきましょう。

1satoshi(サトシ)は1BTCの1億分の1

ビットコインの最小単位は、ビットコインの発案者と言われている「ナカモトサトシ」からとられました。

0.00000001BTC=1satoshi

1BTCの1億分の1が1satoshiということです。1BTCが100万円とすると0.01円ですね。

最小単位ではありますが、546satoshi以下はdustと呼ばれ、通常は取引できません。ただし、今後ビットコイン価格が大幅に上昇した場合には、satoshiより小さな単位が作られ、1satoshiから取引できるようになる可能性もあるでしょう。

今回の変更案「Bits」は仮に1BTC100万円なら1Bitsは1円

BitsはμBTC(マイクロビットコイン)とも呼ばれます。

0.000001BTC=1Bits

仮に1BTCが100万円とすると1Bitsは1円です。現在の取引価格でいうと、Bitsが一番わかりやすいのではないでしょうか(日本人の場合は特に)。

ビットコイン1枚を表すBTCは高額すぎて使いづらい

BTCは今現在取引に使用されている単位です。

ビットコイン1枚=1BTC

ビットコインの決済がはじめて行われた2010年には、1BTCは数円でした。それが現在では200万円を超えるまでに値をあげています。

そのため小額のビットコイン購入時や送金時に、小数点以下の0をいくつも入力する必要がある現在の状況は、とてもわかりにくく、使いづらいと感じる方が多いのではないでしょうか。例えば缶ジュース1本をBTCで支払おうと思うと約0.00006BTCです。どう考えても使いづらいです。

ビットコインの単位変更で考えられるメリット

それではビットコインの表記価格変更で考えられるメリットを整理してみましょう。

1枚あたりの価格が下がり心理的に取引しやすくなる

Bitsに単位が変わると、ビットコイン価格が上昇する可能性が高いと言われています。その理由は心理的に取引しやすくなるためです。

1BTCが200万円前後であるため、ビットコインを購入しようとしている初心者がビットコイン価格を調べると「1BTCを購入するのに200万円近くもかかるの?」という風に初心者ほど思ってしまうものです。

ビットン
初心者の方の中にはビットコインを少額でも購入出来ることを知らないことも多いです。そうなると早い段階でビットコインが検討から外されちゃいますよね…。

実際はもっと少額から購入出来ます。その事実を知らない人や、初めて取引する方にとってはビットコインを取得するハードルが上がってしまい、購入を見送るという人も多いと思います。

もし「bits」に単位が変われば、先ほどの例で言うと1bits=1.9円なので、投資する心理的なハードルは大きく下がり、買いが増えるはずです。

1bits=約1円~2円となることで利便性も上がる

また、bitsに単位が変わると、ビットコインの利便性も上がります。

先程缶ジュースの例をお伝えしましたが、1BTC190万円、1Bits1.9円であれば缶ジュースを購入するためには約68Bitsで買えることになります。イメージのしやすさが全然違いますね。

というわけでBTCをBitsに変える動きは、多くの人にとって歓迎すべきことだと思います。

まとめ

まとめると…

BTCの単位がBitsに変更されると…

  1. 購入時や送金時の入力間違えを防ぐ
  2. 1Bitsから購入しようという新規参入者が見込める
  3. ビットコインの使い勝手がもの凄く良くなる

となります。買いやすさから買いが多くなり、値が上がる可能性が高いです。

BTCからBitsへのビットコイン単位表記変更は、現時点ではビットコイン開発者のジミー・ソン氏の提案にShapeShiftが同意したというだけで、決定ではありません。ですが、今までも単位表記変更の必要性が求められてきたビットコインですから、近々大きな動きがあってもおかしくないですね。

単位表記がBitsへ変更されることになれば、さらなる価格上昇も期待されます。今後の動向に注目したいですね。

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。