ビットコイン大暴落、220万円からわずか5日間で130万円まで下落。海外取引所Liquiの6万BTC(1200億円相当)ハッキングが原因か。アルト勢も道連れに。

12月22日。ビットコインが大きく下落しました。

12月17日時点では220万円だったビットコインが、22日23時頃に130万円台まで下げました。大暴落です。

(引用:コインチェック|Tradeview)

23日0時時点で調整から回復傾向にありますが、予断を許さない状況にあるようです。一体何故ここまで下落したのが原因をリサーチしてみました。

スポンサー:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法が無料で公開されました。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK。元本50万円、月40万円の収入になるそうです。

実績者多数の講座なので、是非チェックをオススメします。
■無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

原因は海外取引所Liquiでのハッキングか?

海外の取引所Liquiでハッキングの噂が出ています。

その額なんと6万BTC。日本円にすると1200億円相当です。この6万BTCが流出し、さらに売り浴びせが行われたことが原因と言われているようです。突如値を下げたBTCを見て不安売が続出したのではないか?との見方が強いです。

一度大きく下落すると売りが売りを呼ぶために誰にも止められなくなります。

これが一つ目の原因と見られます。

ちなみにLiquiはウクライナの取引所で取引量世界30位とのことで中堅レベルの取引所です。LiquiではBTCの価格が一時1万ドルを割るまでになっていたようですが、現在は回復傾向にあるようです。

参考:All Digital Currency Exchanges Volume Ranking

現在公式発表は出ていないため、この話題は「あくまでも噂」です。今後公式発表が出るのか、出ないのか、注目が集まります。

Liquiの公式ツイッターアカウントはこちらです。公式でニュースが出る可能性があるため、フォローをオススメします。

ビットコインは12月のイベントをほぼ全て終えているため利確勢が多い

ビットコインは12月11日にCBOEに上場、その後12月18日にCME先物で上場のニュースが出ています。これら上場ニュースが出たことで世界規模で仮想通貨にお金が集まりました。結果ビットコインだけではなく、アルト勢も軒並み上昇。一時はマーケットキャップの上位100銘柄ほぼ全て上昇していました。

これらを見て下落の兆しを感じ取った方々が利確に走ったということも原因の一つのようです。

またクリスマス前、年末というタイミングもあって利確勢続出という理由も挙げられます。

ビットコインはどうやら不便な仮想通貨だということが広まってきた

当サイトでも連日のようにお伝えしていますが、ビットコインはビットコインキャッシュに性能で大きく劣っています。こちらの記事を参考にしてください。

Bitcoin.comのCEOロジャー・ヴァー氏がビットコインとビットコインキャッシュの時価総額が2018年に入れ替わると予想

2017.12.22

Bitcoin.com共同創業者エミール・オルデンバーグ氏「ビットコインは未来が無い」とし全て売却。ビットコインキャッシュへ。

2017.12.21

最近の傾向としてビットコインは決済に向いていないということが周知されてきています。手数料が高く、送金スピードも遅い。これでどうやって実需を得られるのか?と疑問を投げかける人がもの凄く多くなってきているのが現状です。それでいて今すぐ解決出来るわけではないことに悲壮感を漂わせています。

むしろビットコインが基軸通貨として扱われているのはデメリットの方が多いとの声もたくさん聞きます。基軸であるがゆえにビットコインが下がる時はアルトコインも道連れで下がってしまいます。そのため仮想通貨投資家の中にはビットコイン不要論が聞こえ始めており、もしかしたら時代が変わる可能性も無いとは言い切れません。その日は案外近いのかもしれません。

またハードフォーク祭りも投資家は飽きているということも一言だけ付け加えておこうと思います。

cis氏の売りが原因との見方もある?

上で書いてきたように今回の暴落は主にLiquiのハッキングの噂と、ビットコインに対する悲壮感が主な原因と思われます。が、中にはcis氏が原因という意見もあるようです。

ブルームバーグはビットコインが220万円の高値から約175万円まで下落した原因は日本の天才トレーダーcis氏が原因だったと伝えているようです。

約220万円の高値から約175万円まで数日で下落した今回のビットコイン暴落ですが、ブルームバーグはカリスマトレーダー”cis”の一斉売却のためだったと分析 引用元:コジテク|ビットコイン暴落はカリスマトレーダー”cis”の一斉売却のせい!

真偽は定かではありませんが、cis氏は確かにビットコインが高値のタイミングでこのようなツイートを残しています。

こちらは確実なことは言えないので、参考程度として受け取っておくことをオススメします。

仮想通貨取引新規参入者を心配する声も…

特に12月22日の21時から24時頃までは激しい下落であったために、仮想通貨取引新規参入者を心配する声がちらほら聞こえていました。

実はこのビットコイン暴落のタイミングは、コインチェックのテレビCMから入ってきた新規参入者がちょうどポジションを持ったであろうタイミングでもありました。

仮想通貨取引所コインチェックがTVCMで出川哲朗とコラボ

2017.12.08

この記事で紹介している出川さん出演のテレビCMが全国区で放送されており、本人確認が終わった頃でもあったのです。最初に暴落を経験するのは辛いと思いますが、投資は経験が大切です。下を見ずに今後に活かすことが大切だと思います。

仮想通貨の世界は年に数回暴落があります。長期的に利益を得たいなら「こういった機会にハートも鍛える必要がある」と、前向きに捉えることをオススメします。

現在のビットコインの値動きは?

その後、23日の1時時点でビットコイン、アルトコインそれぞれ回復傾向にあるようです。

とはいえ、暴落は数時間ではなく、数日かけて起こることも多々あるので今後もチャートや情報のチェックは欠かさないことをオススメします。

無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法を無料で公開中。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK、元本50万円で月40万円の収入も狙えるノウハウです。

実績者多数の無料講座なので、是非チェックをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。