アメリカで仮想通貨先物がスタートしてから約半月経過。仮想通貨は大きな転換期へ

CBOE(シカゴ・オプション取引所)は12月10日午後(日本時間12月11日午前)に、アメリカで初のビットコイン先物取引を上場しました。その後、17日(日本時間18日)にはCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)も先物取引を開始しています。

今回は、アメリカでの仮想通貨先物上場によるビットコイン現物価格への影響と投資家の動きについてまとめました。今後の動向のためにも、ぜひご覧ください。

CBOEは買い優勢スタート!サイトは一時的にアクセス不可に

CBOEでのビットコイン先物取引は、買い優勢のスタートを切りました。

ビットコイン先物がCBOEに上場。空売り不安があったものの今のところ堅調に推移

2017.12.11

一時的ではありますが、アクセスが集中しサイトが閲覧できなくなるほど、世界中の投資家たちから注目を浴びることに。今までは仮想通貨に否定的だった既存の投資家も、今回の先物上場には興味をもったのでしょう。

そして注目を浴びた結果、個人投資家を中心とした買いが殺到し、急騰により一時取引が中断されました。大きな価格変動はなく、懸念されていたビットコイン市場の暴落もおこらなかったことは、今後の仮想通貨市場にとって良い影響を与えるという見方もあります。

ビットコイン先物上場で仮想通貨市場拡大が期待される

先物上場により期待されているのは、

  • ビットコイン取引の流動性が高まること
  • ビットコイン取引の透明性が高まること
  • 既存のトレーダーや機関投資家の参加が見込まれること

というようなことが主に挙げられます。そしてその結果、ビットコイン市場が拡大することも期待されているのが現状と言えるでしょう。

大手銀行などからは「相場が不安定」という指摘も

今回の仮想通貨先物上場について、大手銀行やFIA(アメリカ先物業協会)は「リスクが充分に検討されていない」と指摘しています。「法整備が充分になされていない」という意見もあります。

また、既存の投資家の大半は、仮想通貨の信頼性をいまだ疑問視しているようです。「ストレスがかかった際にきちんと機能するのか不明だ」という声や、「価格変動が激しすぎるので金融システムにとって危険になりうる」との見方もあります。

先物上場についての否定的な声が目立つ一方で、「ビットコインが急騰するのをただ見ているだけなのはつらい」という声もあるようです。

CMEは一時急騰するもののその後は売りに転じた

CBOEに続いてCMEでも日本時間18日にビットコイン先物が上場しました。

CMEビットコイン先物上場で価格は一時下落。値上がり期待を一蹴した形に

2017.12.18

一時2万ドルを超えたものの、売りに転じました。利確売りに押された形です。ビットコインの現物価格はCME上場への期待感から17日夜には一時過去最高値をつけていましたが、こちらも下落しました。

機関投資家の動きによっては仮想通貨の大暴落も?

仮想通貨は先物上場によって市場を拡大し、価格が安定することが期待されています。

その一方で、大量の資金を使って市場を巧みに操作する機関投資家が現れれば、価格が大きく変動する危険もあります。そうなった時、個人投資家には冷静に判断することが求められます。素早い動きと臨機応変さが必要となるでしょう。

アメリカで先物上場したことにより、仮想通貨は大きな転換期を迎えました。今までのように、「持っていればいずれ価値が上がっていくだけのもの」ではなくなるかもしれません。逆を言えば、「機関投資家が興味を持つほどに魅力的な市場になる可能性がある」ということになります。

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。