リップルがブロックチェーンや暗号通貨の教育のために5000万ドルを17の大学に寄付

リップル社は兼ねてから仮想通貨関連のスタートアップ企業に投資を続けていましたが、今回は教育機関へ5000万ドル、日本円で55億円もの大金を寄付したと話題になっています。

しかもXRP払いではなく米ドル払い。

このことからも、リップル社ブロックチェーン技術への本気度と今回のプロジェクトへの自信がうかがい知れますね。それでは早速ニュースの内容を確認してみましょう。

リップル社が世界中の17の大学に総額5000万ドル寄付

参考記事(ここからは以下の記事を和訳または意訳した内容です)

仮想通貨のスタートアップ企業で、ブロックチェーン技術を使った決済ネットワークを構築しているリップル社が、世界中の17の大学に5000万ドルを寄付しました。

使い道は、ビットコインに代表されるようなブロックチェーン技術の底上げです。

リップルは、ユニバーシティーブロックチェーンリサーチイニシアティブという名のパートナーシップを自身のウェブサイトで6月4日発表しました。

リップル社によると、この寄付は仮想通貨ではなくアメリカドルで行われるとのことです。

「私たちはユニバーシティブロックチェーンリサーチイニシアチブ(UBRI)の発表に興奮しています。世界のトップの大学と共同で学術的研究、技術の発達、ブロックチェーン技術、や仮想通貨の革新、そして仮想通貨決済を加速させるのです。」

リップル社は、人々がブロックチェーン技術の「分散型台帳」が世界を変えることに気づき始めブロックチェーンへの関心がより高まっていると指摘しています。

「国際間決済の迅速化、コスト削減、透明性アップなどブロックチェーンの素晴らしい使い道について世界中の学生や教職員が研究して、強固なブロックチェーンや決済方法を構築しています」

リップル社の5000万ドルの寄付は、各大学への「投資」とも言えるのです。こちらが、リップル社が寄付を行った17の大学のリストです。

リップル社が寄付を行った17の大学

  1. プリンストン大学
  2. マサチューセッツ工科大学
  3. ペンシルバニア大学
  4. インド工科大学
  5. オーストラリア国立大学法学部
  6. デルフト工科大学
  7. VargasFundaçãoGetulio
  8. カリフォルニア大学バークレー校
  9. ハイデラバード国際情報技術研究所
  10. コリア大学
  11. テキサス大学オースティン校
  12. ノースカロライナ大学チャペルヒル校
  13. ロンドン大学
  14. ルクセンブルク大学
  15. ニコシア大学
  16. オレゴン大学
  17. ワールテロー大学

リップル社は今回の寄付がもたらす将来について大きな自信を持っています。

今回の寄付以外にも2018年4月には1億5000万ドルファンド「ブロックチェーンキャピタルパラレル」にXRPを2500万ドル分投資しています。

さらに、仮想通貨関連の技術のための寄付や投資だけでなく、社会問題に対しても寄付を行っています。2週間前には、俳優のカッチャー氏と提携して絶滅危惧種を助けるためのファンドに400万ドル分のXRPを寄付しました。

カッチャー氏はビットコインの長期投資家であることが知られています。

一方ブロックチェーンはその技術の汎用性の高さから、多くの企業が採用、実用化を進めています。最近では小売り大手のウォルマートがブロックチェーン技術を使ったマーケットプレイスの特許を申請しました。世界最大のダイヤモンドジュエリーの小売業者「シグネットジュエラーズ」は南アフリカの宝石生産会社が開発したダイヤモンドブロックチェーンプログラムに参加しました。

この流れには仮想通貨懐疑派の面々も、ブロックチェーンは医療や銀行、小売やエンターテイメント業界を変える可能性があることを認めざるを得ませんでした。

だからロックフェラーのような格式高い投資家もブロックチェーンのスタートアップに投資しているのです。

スタンフォードなどの世界有数のビジネススクールのMBAコースにはビットコインとブロックチェーンのカリキュラムが含まれています。

ウォートンスクール教授のウォーバッハ教授は「私たちはこの技術を教えるための中心にいる」と話しています。

ジョージタウンビジネススクールの、元ナスダック幹部ジェイコブ氏は「ブロックチェーン技術の適用について考えられる人間が必要だ」と電話をかけて人員を募集していると語っています。

まとめ

今回の17の大学には残念ながら日本の大学は含まれていませんでしたが、アジアからはインドと韓国の大学がピックアップされていました。

リップル社が法定通貨で寄付をしているので、今回の寄付によりリップル相場に新たな「売り圧力」が登場することはないので、XRPホルダーも安心ですね。

むしろリップル社の将来を見通した画期的な投資なので、市場にはプラス材料となります。今後はリップル社の寄付により世界中の大学で仮想通貨やブロックチェーン技術に対する研究や開発が進んでいくので、ますます将来が楽しみですね。

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。