リップル社のCEOブラッドガーリングハウス氏「実際のところビットコインは中国によってコントロールされている」

ビットコインの価格操縦疑惑が仮想通貨界をざわつかせている最近ですが、仮想通貨界のビッグネームリップル社のCEOブラッドガーリングハウス氏が「中国に支配されている」と発言をして、物議を醸し出しています。

確かに、巨大マイニング企業の多くが中国に存在することから、彼らがその気になってタッグを組めば、ビットコインのネットワークを支配することは可能です。現実問題、それが起こるかどうかはわかりませんがビットコインの懸念材料の1つと言ってもいいでしょう。

それでは、今回のニュースの詳細をチェックしていきましょう。

中国で活動する4つのマイナーがビットコインの50%以上を握っている

参考記事(ここからは以下の記事を和訳または意訳した内容です)

ブラッドガーリングハウス氏はビットコインバッシングの風潮に参加していると言ってもいいかもしれません。

彼自身がビットコイン投資家の1人ではありますが、最近の仮想通貨市場の低迷を「フラッグシップコイン」に影を落とすチャンスだと捉えているようです。

ガーリングハウス氏は最近「ビットコインは中国によって支配されている」と、ボストンで開催された「Stifel Cross Sector Insight Conference2018」で発言しています。

「正式な報告はありませんが、注意すべきとあるお話を教えて差し上げましょう。実際のところビットコインは中国によってコントロールされています。中国で活動する4つのマイナーがビットコインの50%以上を握っているのです」

と、ガーリングハウス氏が発言したと金融誌「The Steet」が報じています。

「中国が介入しないと、言い切れますか?中国が統制している通貨を使いたいと考える国が一体いくつあるのでしょう。そうならないとは限らないのです。ビットコインは私たちが考えるような万能薬ではありません。」

とつけ加えました。

先月からビッグネーム、ジャックドージー氏などが「ビットコインは世界的な通貨になることはない」と発言をし、波紋を広げています。

さらに、今週のガーリングハウス氏はブロックチェーン技術が銀行を混乱させて銀行を廃業に追い込むことになる、という考え方を否定しました。具体的には「ブロックチェーン技術が銀行を混乱に陥れることはない上に、システムが機能する上で重要な役割を果たします。これは近い将来のお話です」と発言しています。

サンフランシスコに本社があるリップル社のビジネスモデルは金融機関をターゲットにした分散型台帳を使った国際決済システムの構築であることを考えると、この発言は驚くべきことではありません。リップル社はXRPという通貨を使い、いくつもの有名な金融機関、例えばウエスタンユニオンやマネーグラムなどと提携して、国際間決済フローを開発、提供しています。

現在、XRPは世界で3番目の時価総額を持つ仮想通貨です。

その額は212億ドル。XRPの大部分は発行されていないものも含めてリップル社に管理されています。

まとめ

最近のビットコインをはじめとする仮想通貨市場の下落に伴い、あちこちからビットコインバッシングが聞こえて来ましたね。

ブラッドガーリングハウス氏が率いるリップル社は、ビットコイン等の仮想通貨とは一線を画しているので、BTCとXRPの価格は連動すべきではないと考えますが、まだまだ市場が未成熟なせいか両者は連動してしまいます。

ビットコインに引きづられてリップル価格は下落してしまいましたが、こう言ったバッシングや悲観的な意見が増えてくる頃が、「底」という考え方もあります。

「総悲観は買い」という言葉もありますので、暴落に乗じて投げ売りせずにしばらく様子を見ておいても良いかもしれません。ガーリングハウス氏は先日「ビットコイン価格と他のコインの価格の連動は、終わる」という発言をしていることから、今回の発言はそれを推し進めるためのものかもしれませんね。

LINE@に無料登録するだけで「BTC」「ETH」「XRP」の2018年末価格予測レポートを全員にプレゼント!



世界の著名人が出した2018年末、BTC、ETH、XRPの予想価格を1つのレポートにまとめました。全32ページ、有名所の予想だけを詰めこんでます。 これから仮想通貨に投資をしようか検討している方は要チェック。そして注目のXRPの年末価格はなんと…。

LINE@に登録するだけで、PCからでもスマホからでもスグに読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。