セゾンシステムズが社内仮想通貨の運用開始を発表

2017年12月11日、株式会社セゾン情報システムズが「ブロックチェーン技術を利用した社内仮想通貨の運用を開始した」と発表し、大きな反響を呼びました。

セゾン情報システムズはカードシステム事業や流通・ITソリューション事業、HULET事業を行っている企業です。大手クレジットカード会社のシステム開発や運用の実績があり、まさに金融システム開発・運用のプロだと言えるでしょう。

セゾン情報システムズでは働き方改革を推進しており、テレワークの導入や人事プログラムのリニューアルなどを進めているわけですが、そんな中、今回発表されたのは、社内で利用する独自の社内仮想通貨と、それを運用するためのシステム(スマートフォンアプリ)ということで話題を集めています。

スポンサー:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法が無料で公開されました。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK。元本50万円、月40万円の収入になるそうです。

実績者多数の講座なので、是非チェックをオススメします。
■無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

セブン情報システムズの働き方改革

コミュニケーションとイノベーションを創出する社内カフェ

働き方改革の一貫として、11月20日に移転した新たなオフィスにカフェ「inno Base」が常設されました。このカフェで実際に使用できる通貨が、今回発表された社内仮想通貨です。

「inno Base」はただのカフェではなく、社内コミュニケーションの機会を増やし、新たな発想が生まれることを期待して設置されたそうです。専門のバリスタが常駐しており、就業時間中、社員がくつろげる空間になっています。

スマートフォンアプリでカフェを利用できる社内仮想通貨は、社員間でやり取りができるなど、利用者のニーズに沿った利便性の高いものとなっているようです。また、社員は社内活動への貢献などによって個々に社内仮想通貨を貯めることができる仕組みとなっています。現段階ではかなり限定した利用方法ですね。

7月1日にはブロックチェーンラボも開設

セゾン情報システムズは2017年7月4日に「ブロックチェーンラボ」の開設を発表しています。

「ブロックチェーンラボ」はブロックチェーンに特化した組織です。ブロックチェーンを活用することによって第三者の介入なく、当事者同士のみで取引を行うことができるようになるというような、ブロックチェーン技術を用いたサービスやシステム構築、応用的実証実験を日々行っています。

今後の展開に期待

今回の発表は社内カフェでの運用ですが、専用のアプリも開発済みであることから、外部での運用を視野にいれていることは間違いないでしょう。

セゾン情報システムズの発表によると、今後、社内システムと連携することにより利便性を向上し、社員以外も体験できるように準備を進めているとのことです。さらに、新たなサービスの提供も検討中とのこと。

社内仮想通貨運用のニュースが流れた12月11日のセゾン情報システムズ(9640)の株価は一時2,256円まで上がりました。2,099円(前日比24円高)で前引けしましたが、仮想通貨運用のニュースを受け、上昇したものとみられます。

カードシステム事業などを主に行なってきたことで信頼性と実績のあるセゾン情報システムズが、新たな挑戦として仮想通貨システム事業へ乗り出すことへの期待感は大きいですね。

無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法を無料で公開中。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK、元本50万円で月40万円の収入も狙えるノウハウです。

実績者多数の無料講座なので、是非チェックをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。