実はこっそり下がってたビットコイン送金手数料。BCHの優位性は今後どうなる?

「ビットコインといえば送金手数料が高い」が仮想通貨投資家たちの共通認識ですが、実はビットコインの狂いあげ相場が落ち着いたこと、取引量が減ったこと、セグウィットの導入が増えたこともあって手数料は2017年の最低水準にまで下がっていたことがわかりました。

体感でも、ビットコインの送金スピードは2017年末の1/3以下に改善されています。

そうなると、「手数料が安くて送金スピードが速いのがうりのBCHはどうなっちゃうの?」と思いますが、実はビットコインが安定したとはいえビットコインキャッシュ の手数料はそれよりもはるかに低水準で、推移していますのでまだまだビットコインキャッシュの優位性は崩れていないと考えられます。

スポンサー:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法が無料で公開されました。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK。元本50万円、月40万円の収入になるそうです。

実績者多数の講座なので、是非チェックをオススメします。
■無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

ビットコイン手数料は一時4000円まで。その理由は?

2017年の年末は、ビットコインのトランザクション(送金処理)が非常に混み合って、手数料も高騰。

ビットコイン手数料は、一番高い時で4000円もかかりました。

しかも、送金完了までに半日かかることもザラで、やきもきしたものです。

当サイトでもこの問題を複数回取り上げています。

Bitcoin.comのCEOロジャー・ヴァー氏がビットコインとビットコインキャッシュの時価総額が2018年に入れ替わると予想

2017.12.22

Bitcoin.com共同創業者エミール・オルデンバーグ氏「ビットコインは未来が無い」とし全て売却。ビットコインキャッシュへ。

2017.12.21

ビットコイン手数料が大幅上昇した理由はこちらです。

  1. アービトラージ取引
    ビットコインを国や取引所間の価格差で利益を出そうとするアービトラージという取引手法が頻繁に行われたため、必要異常にビットコインが送金されて手数料が高くなり、送金に時間がかかっていました。
  2. ビットコインが基軸通貨であるため
    ビットコインは、様々なコインやトークンの「ペア通貨」として、世界中の取引所で取り扱われているので、取引量が増えました。
  3. BTC決済の増加
    トレード目的ではなく、決済手段としてビットコインが使われることが増えたため送金頻度が増えたのも手数料高騰の一因です。

ちなみに、「ビットコインだけで暮らす」という企画で週刊誌の記者がビットコインを使って生活をしていましたが、決済手数料が毎回1300円と高額すぎる、お店の人が慣れていない、などの理由で非常に疲れてしまったようです。

確かに2017年末から2018年初頭はトランザクションは混んでいるし手数料は高いし、で実用的とは言い難い状態でした。

セグウィット対応で手数料問題改善か?ビットコイン手数料は大幅減少

セグウィットとは、ビットコインの取引処理能力を向上させる施策の名前です。

セグウィットは、導入することでビットコインの手数料問題や送金スピード問題を大幅に改善できる画期的な技術でしたが、大手取引所などの導入が遅れている状態でした。ところが2月に入ってビットフィネックスやコインベースなどの大手取引所がセグウィットを相次いで導入したので、セグウィットを使った取引が増えたのです。

セグウィットを使うことで、通常のトランザクションを使う送金が減っただけでなく、ビットコイン価格が落ち着いたため取引量が減少したことも、手数料が安くなった原因の1つです。

2月28日現在の平均手数料は約210円なので、ピーク時の20分の1程度まで下落したことになります。これで、海外送金が「銀行より早くて安い」というビットコインのメリットがようやく光り輝くことになります。

ビットコインキャッシュ の立場は脅かされない

ビットコインキャッシュ といえば「早い」「安い」がうりでしたが、本家ビットコインが早い安いを実現してしまったら、優位性がなくなるのでは?と心配になります。

ところが、ビットコインキャッシュ は、「常に手数料が安い」ことを2017年から実現しているので、現在ビットコインの手数料が安くなったからといってビットコインキャッシュ が窮地に追い込まれることはありません。

何故ならば、ビットコインの手数料が安くなった理由は「セグウィット」だけではなく、単純に「取引量が低下した」という点も大きいからです。

ビットコインの問題が根本的に解決されたわけではないので、ビットコインは今後再び手数料が上昇することは十分考えられます。その一方でビットコインキャッシュは昨年末の上昇相場ですら低水準の手数料を維持していますので、これからも問題なく低水準の手数料を実現できるという信頼感がありますね。

無料:週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法

週に3回のトレードで50万円を283万円に増やす方法を無料で公開中。1日20分のチャートチェックで後はスマホでOK、元本50万円で月40万円の収入も狙えるノウハウです。

実績者多数の無料講座なので、是非チェックをオススメします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

経営者兼投資家です。テクニカルも意識していますが、ファンダメンタルズ優先で活動しています。国内外の仮想通貨ニュースはもちろん、値動きに直結するニュースをメインに集めて配信しています。得意銘柄は主にBTC,BCH,XRP,ADAなどです。ICOも情報入り次第配信します。